X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが進歩しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 領土譲らず日露友好X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●SAPPORO! / (2025年)大阪・関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(平成31年標語)「若い芽を 育て咲かせる 社会の輪」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』によるセーフティーネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2006/5/13  12:58

官と民の立場の止揚  社会的市場経済(Soziale Marktwirtschaft)
 官と民について経験をふまえ、少し書いてみたくなりました。
 もう昔のことですが、私が民間企業の方々と仕事をしていたとき、まず驚いたのはまず彼らの学歴の高さです(笑)。それと大きな仕事をこれまでやってきたことからくる確固とした自信です。
 また現場からの叩き上げの人も、仕事を通じての哲学をお持ちのようでした。
 どうしようもない方もいましたが、ほとんどはすばらしい方でした!
 民間企業も「経営は人」ですから、会社を代表してこられる方は、少々癖があってもひじょうにすばらしいものをお持ちだと思いました。
 たまに一緒に飲んだりもしました、私は20代の頃内臓を痛めて体質がかわってしまった関係でほとんど飲めないので、「都合がよかった」のですが、まあ夕食をご一緒するというところですね。
 私が転勤が決まり最終日夜明け頃まで仕事をしていて何ということもなく、同僚のある方と朝食を食べにいきました。
 韓国の料理人が多い関係で、辛いことで有名な手頃な値段のレストランだったのですが、「眠い辛い元気でな!」で最後のひとときを楽しみました。
 もちろん原則割り勘の世界です。
 出身会社は違っても同じ会社の人間ですから・・・
 当然ですよね!変なことなどあるわけがない・・・
 こういう幸福な最後を飾れましたが、そこにいたるまでは大変でした。
 ことあるごとに壮絶なケンカを繰り返した方ですが、その民間企業の方と関西で飲んだとき、「お前となら安心して仕事もできるし酒を飲める、何でかというとお前は人をだまさないからだ。」と言われました。
 そのことばは真実かどうかわかりませんが・・・うれしいことばでした。
 ふだんはわけのわからない困った方だったのですが、ふともらした「気楽なことを言わないでくれ・・・考えてもみろ!・・・俺がうかつに決断をすれば・・・それで国が動いてしまうかもしれない、そんな状況で俺一人で決断ができるか!」そんなことをおっしゃられました。
 他にも、「民間企業の特に自分のような会社の場合、企業とつきあうときも子会社が多かったし、商談でも会社が強ければ立場の違いが明確で有利な仕事ができる・・・こういうところにきてどういう考え方で働いてよいかわからない」と悩んでおられました。
 民間企業の立場を、酒の力をかりて正直に仰る方でした。
 その後いろいろ考えたのですが、アメリカの場合、そしてヨーロッパの場合もいざ戦争がおこると官民一体というより国を挙げて戦います。
 ところが日本の場合、全体戦争となっても官民バラバラであったと言われます。
 今後も官民共同の仕事は増えると思いますが、もし今後それを超えるものがあるとすれば、それは愛国心、そして悪い意味ではなく、国の象徴である皇室への忠誠心のようなものではないか?と思いました。
 こういうと右翼っぽい気がするかもしれませんが、私が言うのはもっと近代的な意味であり、イギリスでもいざというときは王室への忠誠心です。
 日本の戦後は「個人がそれぞれ自分の利益を追求し、幸福を求め必要最低限の道徳を守れば自然にうまくいく」という考え方でした。
 それは大きな真理だと思います。
 しかしそういった中でも、「共通のものさし」がないと決して世の中はうまくいきません。
 官と民の立場を止揚するものがあるとすれば、それは愛国心や道徳ではないでしょうか? 
 「道徳と和は興国の基本」少し古いかもしれませんが、中国の兵法書「呉子」にもある考え方であり、聖徳太子以来の日本の伝統でもあって私は好きだし、それは基本的な「興国の哲学」ではないかと思います。
 私は出身会社に戻った後、何となく「民間の人とうまくやれたのは、何か不透明な関係を持っていたのではないか?」という疑惑を持たれているような、「嫌な雰囲気」をひしひしと感じてきました。
 「出向会社の立場にばかり立ち、出身会社への忠誠心がなかった」と思われているのかもしれません。
 私には反省も言い分もありますが・・・嘘の報道を真実と信じ市民の方からも言いがかりをつけられるのも遺憾です。
 「言い訳なんぞ聞きたくない!」ということでしょうか?
 私の被害妄想だと思いたいのですが、そう思っている方も少なくないように思えます。
 ところで、「囲碁は調和」といいます、官民が状況により「対等な立場」で一緒に仕事をしたりすることは、日本のために大きなことだと思います。
 「官民調和」というのはいかがでしょうか?
 国民として共通の目的で「国のために戦う」ことは、悪いことではないと思います。
 世界にでれば「世界のために戦う」どこか私おかしいでしょうか?
 時代がいずれ追いついてくることを願いたいと思います。
 結果としていうとその仕事は、あれだけ官民の立場でケンカしまくったのに仕事そのものは速かった。
 「何かがよかった」・・・互いの立場を部分的でも止揚できたからよい結果がうまれた・・・そのように思います。
 民間の方も苦しい決断を何度も迫られ、それに耐えたおかげだと思います。
 すばらしい方々でした。
 「官民対立」は作られたどうしようもない階級闘争理論だと思われ、「官民調和」こそ新しい考え方だと思います。
 日本の国力を十二分に発揮できる正しい考え方だと思います。
 ちょっと怖いことを書いてしまったかな・・・あまりに悲しいので・・・。
0

2006/5/13  15:07

投稿者:Nishitatsu1234
なんか、リンクがちゃんと飛びませんね。
↓の一番下に2つ、追加しておきましたのでそちらでどう

http://diary.jp.aol.com/bbs/1432823167/5750.htm

http://diary.jp.aol.com/bbs/1432823167.htm

2006/5/13  15:01

投稿者:Nishitatsu1234
> イギリスでもいざというときは王室への忠誠心です。

http://diary.jp.aol.com/wkyxkc7pyfku/
630.html#readmore

> 「道徳と和は興国の基本」少し古いかもしれませんが、
中国の兵法書「呉子」にもある考え方であり、聖徳太子以来
の日本の伝統でもあって私は好きだし、それは基本的な「興
国の哲学」ではないかと思います。

http://members.aol.com/nishitatsu1234/zatsudan/
harmony.htm

http://diary.jp.aol.com/bbs/1432823167.htm

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ