X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが進歩しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 祝ロシアW杯ベスト16X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●2020! / (2025年)大阪・関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(平成31年標語)「若い芽を 育て咲かせる 社会の輪」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』によるセーフティーネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2006/3/26  13:00

「西洋の没落」は日本にはあてはまらない!  社会的市場経済
 オズワルド・シュペングラーの「西洋の没落」・・・、第一次世界大戦後その内容よりも、「西洋は没落する・・・」という社会不安を広げ、ファシズムの台頭に大いなる貢献をした書物です。
 数年前に日本でも再びブームをおこしました。
 ローマ帝国や、大英帝国の衰退の中で、一時代を築いた大国の興亡はたしかに魅力的な説ではあります。
 しかし、アジアの場合はあまりあてはまらないと思います。
 それは中国の場合を見てもわかりますが、アジアの場合は国の興亡は「覇者の興亡」の歴史だからです。
 たしかにモンゴル人や満州族のように、大きなインパクトを与えた民族もありますが、日本の場合、蘇我氏→藤原氏→平氏→源氏→北条氏→足利氏→織田氏→豊臣氏→徳川氏→明治維新→以後「政党」の興亡というように、覇者の興亡により常に国の新しさを保ち、国際的な地位は、古今を通じてあまりかわらないというのが日本の歴史だからです。
 政党の支配においても、アジアの場合一つの政党がかなり長期にわたり政権を担当することが多く、政権交代は覇者の交代であり、王朝、幕府の交代のようなものだからです。
 それが選挙であれば、武力を用いず平和的に行われます。
 つまり、日本やアジアの場合「政党」が新鮮さを保ってゆけば、覇者の交代はあっても没落は容易に起こらないと考えられるのです。
 それは「アジア的専制」の、政党時代における有効な活用法ではないか・・・?と私は思います。
 油断は禁物ですが・・・

 ひとこと
 「輪舞曲-ロンド-」本日最終回、本格的日韓合作ドラマとしてはなかなかの出来だと
 思います。
  東京、横浜、ソウル、プサンの夜景も美しい、視聴率頑張ってほしいーーー!
 
0


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ