X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが進歩しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 領土譲らず日露友好X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●SAPPORO! / (2025年)大阪・関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(平成31年標語)「若い芽を 育て咲かせる 社会の輪」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』によるセーフティーネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2009/11/28  13:08

「コンクリートから人へ」の方向性はほしい!  国軍(Reichswehr)
 世の中には必要な土木事業があります。
 がけ崩れを防いだり洪水を防いだり、すばらしい工事がたくさんあります。
 しかしたしかに傍目で見ても、過剰に見える土木事業はありました。

 仙谷大臣が関わられた吉野川河口堰計画もそうだったのかもしれません。
 大臣がそれを防止したことは画期的なことでした。
 しかし今回の事業仕分けは、新鮮味がまったくなく見苦しいものでした。
 国民にとっても悪夢の新自由主義派の復活でした!
 かつて職業大に行ってテレビで、「ここを宅地にすれば高く売れる」と言った方がいました。 
 どこか不動産業者のまわしものなのかもしれませんが、大学、学校等を宅地にして一時的にでも儲けたいという業者が実際にいつから困るのです。
 職業大の場合は政令指定都市になる相模原の北の中心地として、橋本が注目を受けています。
 あの時、職業大を宅地にしたがった業者もそこに関わるデベロッパーの一人であったのかもしれません。
 数年後には皆様の母校に「再開発予定地」の看板が立っているのかもしれません。
 「バブルのことは反省した」と多くのテレビコメンテーターが言いながら、実際には反省していない「あわよくばもう一度」の人が少なくないのです。
 手を変え品を変えながら実体経済を軽視し、ひたすらバブル復活をもくろんでいるのです。
 実際数年前まで日本は「ミニバブル」の状態であったのです。

 大学や学校でどうしてもやむを得ず廃校にしたのならともかく、常識的には小中学校や大学を再開発のターゲットにするのは人の道に反することです。

 「コンクリートから人へ」の流れは必要です。
 分散はやめて国際ハブ空港、港湾、商工業等に必要なところにお金を集中させること、そして教育、科学、職業訓練等「人を育てる投資」にお金をかけてゆく必要性があります。
 子供が増えることは消費を刺激することにもつながるからです。
 未来を信じられなければ誰も消費を増やすわけがありません。

 日本は「納税者は生かさず殺さず」とでも考えているのか、長年にわたり内需拡大を諸外国から再三要請されながら事実上無視してきました。
 今回はその政策を実施する絶好のチャンスがめぐってきているのです。
 内需拡大を実行しない日本政府は国際的にも評判が悪いのです。
 生活は物質的豊かさだけではなく精神的にも豊かである必要があります。

 ノーベル受賞者やフィールズ賞受賞者を「非科学的」と陰口をいったり、気に入らない人間をネット中継で罵倒するような人たちに精神的な豊かさはあるのでしょうか?
 権力や欲にとりつかれているような気がしてなりません。

 「人への投資」は個人消費を増やします。
 「コンクリートから人へ」・・・、仙谷由人大臣は自ら経済再生のキーワードとなる発言をしながらその価値に気がついておられないのです。

 あと一つ問題が・・・、予算をこれから完成させるにあたり高級官吏の関与は欠かせません。
 しかし事務次官等会議は新政権の面子にかけて復活できないでしょう。
 ですけど次官も出席されるような省庁連絡会議を充実させ、膨らんだ概算要求の調整をしませんと3兆円削減などという数字は絶対出てきません。

 今度は国家戦略局に属する正式な会議になるのかもしれませんが、各省の次官の出番がいよいよ近づいてきていると感じます。
 次官の補佐がありませんと復活折衝に大臣も臨めませんから。

 一部のマスコミの言いなりの新政権になってしまっては私らも国民も困るのです。
 
0


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ