X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが進歩しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 領土譲らず日露友好X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●SAPPORO! / (2025年)大阪・関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(平成31年標語)「若い芽を 育て咲かせる 社会の輪」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』によるセーフティーネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2009/9/25  23:49

「開国・開港Y150」入場者数目標達成!  文化国家(Kulturstaat)
 「開国・開港Y150」が入場者数の目標をどうやら達成したようです。
 「有料入場者数500万人」の数字が一人歩きしておりますが、過去の文書を読めば周遊会場(無料会場)を含めて500万人であったことは明白です。
 9月20日(日)現在で有料入場者数は約107万人であり、周遊会場(無料会場)を含めて約560万人を達成し目標を達成しました。

 その後神奈川新聞によりますと、特に9月22日(火)は有料入場者が3万人をこえたということで、おそらく今有料入場者数は約115万人、周遊会場(無料会場)含めれば約600万人を突破していると推定されます。
 
 予算につきましては、入場収入は目標を下回りますが経済効果で元はとれておりますので責任については恩赦でよいと思います。
 なぜ「有料入場者数500万人」などという過大な目標が設定されたか、それだけは調査してほしいと思いますが、反省して二度とやらなければ深く追求することもないと考えます。
 最高責任者が辞任して一応けじめはついているのではないでしょうか?

 入場者数の目標達成は林文子新市長誕生を祝うものと考えます!

 小川巧記(おがわたくのり)イベントプロデュサーの名声が傷つくことなくよかったと思います。

 「市民の個の力」を重視する新たな発想は、金港の未来への新たな出帆へと導くものでした。

 まだこれから9月26日(土)(雨の場合は最終日)12時30分〜15時頃までの、「横浜FUNEプロジェクト」象の鼻パークからの『出帆』の大事業がありますが、アーティスト日比野克彦先生・・・、舞台DO-RA-MAを演出され大盛況を続けられた舞台演出家宮本亜門先生の大活躍も見事でした!

 BATONの岩井俊二プロデューサー、北村龍平監督もよい作品を作られたのではないでしょうか?

 象の鼻パークの灯台アートも美しく起立しております!

 試行錯誤の産物で少し未完成なものもありますが、金港の未来へ多くの種を残されたことを確信しております!

 タウンニュースの写真、よく見るとわかりますが雨が降った時の写真です。
 ヒルサイド、ベイサイドも野外が多いコアイベントの弱点でした。
 環境に配慮したとはいえ雨に今年は祟られました!
 今はもちろんかなり入っておられますよ!
 最後の『未来への出帆』までは雨に祟られませんように!


(「開国・開港Y150」フィナーレの案内 PDFファイル)
http://www.yokohama150.org/y150/blog/file/20090918_CLOSE.pdf
(タウンニュース 平成21年9月25日号)
http://www.townnews.co.jp/020area_page/01_thu/21_naka/2009_3/09_25/naka_top2.html
0


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ