X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。teacupが復活しますように。X
X(挑戦!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 魅力あるスマートものづくり筑波 / 『ものづくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 領土譲らず日露友好X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 10月10日は「五輪の日」です。 / (2025年)大阪●関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、可児のローズガーデン近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(令和3年標語)「やりがいを 見つけた君に エールの輪」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』による、セーフティネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(早く65歳定年制を)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2008/8/29  6:13

NGOペシャワール会の若者の死・・・  進歩主義(progressive)
 本当ならモンゴル大相撲巡業成功の記事や、トラック業界のガソリン価格高騰への抗議行動に関する記事を書くはずでした。

 モンゴル大相撲巡業は、モンゴル出身の稀代の大横綱“朝青龍明徳”という青年の大いなる夢でした。
 利権とかいろいろ言われますが、私は「青年の夢」が叶ったことに心より賛美を送りたいと思います。
 日本とモンゴルの歴史にまた新たな一ページが加わりました。

 そして横綱と違って有名でも何でもありませんが、アフガニスタンで自分の専門の農業を通じ、「人々を豊かにしよう」と夢をかけていた伊藤和也さんという31歳の一人の青年が殺されました。

 彼はムスリムの誰も殺していません。
 足を撃ち死の苦しみを味あわせてから殺す残酷な方法です・・・
 おそらく日本人らしく従容として死につかれたのでしょう。
 私は往生際が悪いのであのようには死ねません。
 今一体彼の魂はどこにおられるのでしょうか?

 彼は戻ってきませんが、せめて国家として長く名誉を残すことはできないものでしょうか?
 勲章等は人によっては空しいものでも、このような時にあるのではないでしょうか?
 天皇、皇后両陛下から弔意が示され、侍従長を通じ外相から両親とペシャワール会に伝えられました!
 最大の名誉ですがそれだけでよいものなのでしょうか?
 
 しかしあまりに賛美しすぎると、日本人は勇猛をもってなるので危険なところに進んで行ってしまう若者が出るかもしれません・・・難しいところです。
 
 しかし多くの現地の方が悲しんでくださって、彼の魂も救われることでしょう・・・

 きっとアフガニスタンに平和で豊かな時代がきますよ!

 でもライフル等に囲まれるとどんなに強いプロレスラーのような人でも抵抗することは難しい、私はそのようなことがあった時に従容と死につくことができるのでしょうか?わかりません・・・

 アフガニスタン政府も現地の方も一所懸命やってくださいました。
 タリバンの構成員も本来悪い方々ではないと思います。
 コメントにも「すまないことをした」という気持ちが感じられます。
 私が言っても仕方がありませんが、アフガニスタンの方々には本当に感謝したいと思います。
 伊藤和也さんの夢が叶ってほしいと思いました!
 謹んで御冥福をお祈りいたします!

(天皇、皇后両陛下が弔意)
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20080828k0000e040071000c.html

(ペシャワール会)
http://www1a.biglobe.ne.jp/peshawar/
0

2008/8/30  7:26

投稿者:金港丸
 先生お久しぶりでございます。
 最近実名入りのコメントは安全のため別名に変えてしまうのですが、先生の場合「名前が売れてこその仕事」ですのでそのまま出させていただきます。
 そちらの党も大変なようですね、「命がけで仕事をする」といいましてもなかなか難しいものです。
 比例代表で当選して、他の政党を作っても失職しないということをはじめて知りました。
 仁義のない行動なのに何か意外な感じがいたします。
 最近体力の衰えを感じつつあり、「いざとなったら従容として死につくしかない」と考えているのですが、「戦って死ぬより難しいことである」と感じております。
 旧海軍の機関士は撃沈されても何もすることができないので、「従容として死につけ!」と教えていたそうです。
 これも日本の伝統ですね!
 

2008/8/29  8:25

投稿者:金子洋一
おはようございます。天皇陛下からそのようなことがあったのですね。しりませんでした。

私もご冥福をお祈りしたいと思います。

http://blog.guts-kaneko.com

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ