X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが進歩しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 領土譲らず日露友好X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●SAPPORO! / (2025年)大阪・関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(平成31年標語)「若い芽を 育て咲かせる 社会の輪」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』によるセーフティーネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2008/5/30  6:13

可能性ある「アフリカ人ものづくり作家」  社会的市場経済(Soziale Marktwirtschaft)
 昨日発行の週刊新潮で、アフリカ開発会議(TICADW)親善大使の鶴田真由さんは1回5万円のボランティア同然で親善大使をやられているということです。そうなるとサイドイベントに参加したサッカーの中田英寿さんもそうなのかもしれません。
 アフリカのハイレ・ゲブラセラシエ選手のマラソン世界記録に挑み、市民が走るイベントも盛況だったようです。
 他にもいろいろな工夫ある取り組みが行われ、アフリカ開発会議を盛り上げました。
 気持ちは参加者に通じたでしょうか?
 私も昨日までの3日間まで意味はありませんが、山下公園通りからみなとみらいの会場までひたすら歩いていました。
 雰囲気を味わいたいのですが、考えてみると何の意味があるのでしょうね?
 でも周辺も国際貿易港らしいすばらしい雰囲気でした。
 小泉純一郎元首相提唱の「野口英世アフリカ賞」も無事スタートしました。
 横浜市議会ではガーナのJ・A・クフォー大統領が、「野口英世ゆかりの地横浜」ということで演説してくださる名誉を受けました。

 本日アフリカ開発会議の最終日です。
 『クールアース・パートナーシップ』推進構想の考え方で横浜宣言が出されるそうです。

 今後の支援について少し考えてみました。
 アフリカ人は芸術性にひじょうにすぐれております。
 人間の安全保障(ヒューマンセキュリティー)の義務教育の充実を進めれば、次は「手に職をつける」という考え方になると思います。
 その時にアフリカからは優れたものづくり作家が出てくるのではないでしょうか?
 アフリカには多くの世界遺産があります。
 それを作ったのはアフリカ人自身なのです。
 ものづくり作家とは、私のしごと館で多く使われるイギリスのアーツ・アンド・クラフト運動や、ドイツのバウハウス運動のようなものづくり運動に相応する考え方です。
 今のところものづくり中心ですが、創造性あふれる仕事をする人を陶芸ではありませんが作家として賛美するものです。
 私はサービス業などでも創造性あふれる仕事をすれば、「ものづくり作家」でないにしても「しごと作家」として賛美できると考えております。
 私のしごと館も真面目にやっているわけですが、アフリカ人もその高い創造性を活かせば次々とすばらしい「ものづくり作家」が出てくると思うのです。
 アフリカでは環境面での制約もあり、欧米のような工業国家を作ることは難しいとも言われております。
 しかし創造性あふれる「ものづくり作家」を育成すれば、世界で商品として作れるものが次々と生産され人々を豊かにします。
 すでにアパレルの分野では「アフリカブランド」も出てきているのです。

 「アフリカ人ものづくり作家」が次々と出て、環境を傷めないでアフリカを豊かにすることができれば何とすばらしいことだろうと思いました。

 人間の安全保障(ヒューマンセキュリティー)の考え方から、義務教育充実後は高等教育にみならず職業教育を充実させ、ものづくり作家育成へとアフリカ社会がが動けばアフリカはきっと豊かになると思います。

 やはり「1.経済発展 2.社会発展 3.環境保護」こそ三要素だと思います。

 それによりアフリカ大陸は、今よりさらに美しいものに満たされた本当に豊かな大地になると思いました。

 アフリカ人に幸あらんことを!

(5/31(土)にほんの少しですが文章や体裁を修正いたしました。)
0


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ