X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが復活しますように。X
X(挑戦!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 領土譲らず日露友好X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●2021! / (2025年)大阪●関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(令和2年標語)「君らしく 君の歩幅で 一歩ずつ」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』による、セーフティネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2007/12/31  10:37

来年早々に会社の存続が決まればよい・・・  自然(essay)
 今年最後のつもりの記事です。12月は会社の関係ではいろいろ大変でしたが、できれば来年早々に会社の存続と私のしごと館存続が決まればよいと思います。

 会社のことを考えるにはよい機会になりまして、「公共雇用開発&能力開発」という名称を見ればごくごくあたりまえの考えにゆきつくことができました。

 道州制の流れの中でどうするのか?昔の支部制に戻るのかもしれませんが、経営改善案(今でも中期計画実行中ですが)が政府にあらためて了承されればすんなり生き残ると思います。道州制になっても予算を国が管理しているので分社は難しいようにも思えます。年金のように自治体に委託してその国との狭間で大混乱おこしたこともありましたから。

 でも見えないところで道州制についての議論は進んでいると思いますので、よい方向で改善されると思います。

 私のしごと館につきましても、モデルとすべき博物館としてドイツのマンハイム州立技術労働博物館やドイツ博物館があります。特にマンハイム州立技術労働博物館は1990年9月に誕生した新しい博物館であり、規模は違いますがコンセプトも近く、今後私のしごと館が大いに参考にすべきだと思います。マンハイム州立技術労働博物館にもドイツ博物館にも図書館もあるようですので、私は日本の博物館、図書館、文書館を参考にいたしましたが、将来ぜひ図書館も復活させてほしいと思います。それにしても大勢の人が関わっていて仕事をバトンタッチしたり、民間委託したりすることは難しいものですね、民間委託もコストばかり考えると「安かろう悪かろう」になりやすいのが現実なのです。

 マンハイム市のあるバーデン・ビュルテンベルク州はすばらしい国のようです。けいはんな学研都市発展のためにもマンハイム州立技術労働博物館は、大いに参考になるべきだと思いました。やはり遊園地とは違う真面目な博物館があるべきだと思います。日本の未来のためにも絶対そうしなければならないと思います。

 年金問題でも「民間ではこのようなことはおこらない」とテレビで言う人がいますが、民間も損害保険や生命保険の未払い事件が相次いでいるのが現実なのです。民間がすべてよいわけでもありません。

 公共と民間の「長所と短所」をそれぞれきちんと考えて、正しいことが行われてゆけばよいと思います。

 ミルトン・フリードマンは「ビジネスのことはビジネスマンに」と言ったのです。このことばは「公共サービスは公共に」と言っていることと同じなのです。アメリカは公共サービスを否定しているわけではないのです。今年の最後にこれだけは書いておきたいと思いました。アメリカは博物館、美術館、図書館にも力を入れるように、必ずしもビジネスばかりの国ではないことを意識すべきだと思います。というより、航空機業界に典型的に見られるように、アメリカにしてもEUにしてもしっかりした公共投資がビジネスを支えているのです。

 公共と民間が対立ではなく共生しているのはどの国でも同じなのです。これだけ「官と民の対立」を煽るのは日本ぐらいではないでしょうか?

 
0

2008/1/1  7:27

投稿者:金港人
コメントありがとうございます。うちの場合中野サンプラザが代表的ですが、儲かる事業を片っ端から民間に譲って儲からないものを残してあるような状態なのです。民営化が前提なら「儲かるのなら公共がやる!」という考え方の方がよかったのかな?とも思ってしまいます。

2007/12/31  11:55

投稿者:職業訓練指導員
こんにちわ。先生

>公共と民間の「長所と短所」をそれぞれきちんと考えて、正しいことが行われてゆけばよいと思います。
先生のおっしゃるとおりです。国は、PFI事業を採用して運用を開始しました。国の業務を地方自治体に、地方自治体から民間に・・と成果が出るのは、来年でしょうか。
国が、民間の足を引っ張るような事はして欲しくないですよね。

http://blog.livedoor.jp/moj3256/

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ