X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが復活しますように。X
X(挑戦!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 領土譲らず日露友好X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●2021! / (2025年)大阪●関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(令和2年標語)「君らしく 君の歩幅で 一歩ずつ」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』による、セーフティネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2007/10/31  6:12

充実するAOLネットワーク  進歩主義(progressive)
 現在のAOLは生きた教材のようなところがあります。
 タイムワーナーのホームページに、スウェーデンの新ポータルサイト「AOLスヴィーディシュ」について記述があります。
 AOLは現在海外ISP事業を売却し協力会社を求める一方で、ポータルサイト事業については急速に拡大路線を進めています。それはおそらくダイヤルアップの場合、あまりどの国で事業をしても環境に違いがないのに対し、ブロードバンドはインフラ環境が各国ごとにバラバラでパートナーシップを求めざるえないことにあると考えられます。
 それとタイムワーナー社としては強力なコンテンツを持ち、国際的な映画配給網を持ちます。AOLをポータルサイトブランドとして国際ネットワークを築き、そこに豊富なコンテンツを活かしたサービスを行い、広告収入を中心とした新しいビジネスモデルが作ろうとしているのだろうと思います。

 ウォルト・ディズニー社が米ヤフーと提携して、「GO.com」という新ポータルサイトを立ち上げたのも、将来的にポータルサイト事業がきわめて収入をもたらすからであり、タイムワーナーへのライバル意識がかなりあるのだろうと思います。
 「あちらがグーグルと提携するなら、こちらはヤフーと提携する」というところでしょうか?

 AOLスヴィーディシュに関する記述を見ると、AOLはポータルサイト事業を柱にし、コンテンツサービスを行う一方で、一定のセキュリティ機能があるメールサービスを行うことを明言しております。メールサービスは今でもAOLの柱なのです。

 むしろポータルサイトからブロードバンドへの誘導を行うことに関心があるのだろうと思います。

 AOLのポータルサイトは全世界で2億3400万人にのぼり、今後も増え続ける見通しのようです。むしろポータルサイトを中心としたAOLネットワークを築き、それによる各国AOLとの連携によるシナジー効果を狙っているように思います。

 タイムワーナー社も得手不得手がありますから、そういった点からも各国企業とAOLブランドを通じ協力関係を得ることは大きな利益があるのだろうと思います。

 グーグルがモバイル分野への参入を発表しましたが、どうもポータルサイトとコンテンツにまず参入しているようです。AOLもモバイル分野の充実につとめており、両者の動きは連動しているのかもしれません。米ヤフーも、グーグルに遅れをとった検索連動広告技術で懸命な追い上げを行っており、いろいろな合従連衡の中で、どのようなポータルサイトの国際ネットワークができるのかよく見極めたいと思います。

 横のAOLポータルサイトへのリンク名を、「AOL Japan」から「JP.AOL.COM」に戻してみました。十年も続けばこれも一つのブランドのようにも思いました。

 今日はハローウィーンですね。

(タイムワーナー社)
http://www.timewarner.com/corp/

(AOLネットワーク)
http://about.aol.com/international_services

(GO.com)
http://go.com/
0


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ