X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが進歩しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 領土譲らず日露友好X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●SAPPORO! / (2025年)大阪・関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(平成31年標語)「若い芽を 育て咲かせる 社会の輪」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』によるセーフティーネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

 

ゴーンさんの無罪を信じます!  進歩主義(progressive)
●9月1日は「関東大震災の日」です●
●尖閣、竹島、北方領土は日本領●
●松坂大輔めざせ200勝投手●

【PR】1.持続可能な開発 / 戸締り用心火の用心
2.自由の鐘〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.第4次産業革命! / 能開・生産性セミナー募集中!

9
タグ: 自由 平等 友愛

2019/12/8  4:36

65歳定年制を早く実行して欲しい  日記(I love one day)
 「人間五十年化天の内をくらぶれば 夢幻のごとくなり」、長い時間を考えれば人間50年の命など夢幻のごとくはかなないものだ。という仏教の考え方だそうです。

 でもその短い命を燃やしたいのも人間です。

 五十年をすぎれば私もいよいよ初老である一方、若い頃できなくてやりたいことがたくさんある。

 一方でだんだん体が動かなくなる。

 まず65歳定年制を早く実行してくれないかな?と思う。

 行革報告書で「公務員65歳定年制」が出されてから約15年、おそらく「65歳定年制をするのなら、若い外国人労働者を入れた方がよい」という考え方の経営者が多いのでしょう。

 たしかに60歳をすぎても働くのは辛いが、第二次ベビーブーマー世代もあと10数年で定年が来ることを考えると、もう待ったなしだと思う。

 65歳定年制にしないと、日本は一気に衰退すると思う。

【PR】1.持続可能な開発 / 戸締り用心火の用心
2.自由の鐘〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.生産性革命! / 能開・生産性セミナー募集中!

0
タグ: 日記 記録 記憶

2019/12/6  3:33

中学の友人に励まされたから大学に行けた  人間開発(Human Development)
 今思いだすと・・・やはり情けなかった。

 ある日、高2の頃だったかバスで偶然中学の友人と再会した。
 定時制をやめ仕事に集中することとし、一生懸命家族を支えるために仕事をしているということだった。
 進路希望調査の頃から少し時間がたった時だったから、おそらく高2の後半だったと思う。
 大学に行けることになったとはいえ、まだ考えがまとまらず、進路希望調査に適当なことを書いたばかりだった。

 友人にどういう進路を取るのか聞かれ、大学に行くと話した。

 そうしたら友人が、「いいなあ、お前は大学に行けるんだからよ」と言われた。

 彼は父親がいない中、家族を守り特に妹をきちんと学校に行かせるため必死に働いていた。

 自分がいかにうぬぼれていたかと思った。

 これから勉強して、結果どこの大学でもいい、謙虚な気持ちで勉強していこうと考えたと思う。

 あの時も友人に救われた。

 記事を書くにあたりよい記事があった。

 高校時代の私はまさにこんな感じだった。

 ただ読書とクラブ活動はしていた。

 就職するための努力を、きちんとしていたのだと思う。

 日本経済新聞
(高2生3割が勉強時間ゼロ 希望進路で差、文科省調査 2019/9/2 9:46)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO49286470S9A900C1CR0000/

 高校2年生の3割は宿題をのぞく1日の勉強時間がゼロと答えたことが文部科学省の調査で分かった。卒業後に進学を希望する生徒は勉強時間を長く確保する一方、就職希望の6割近くは、休日に授業の予習や復習などを全くしていなかった。望む進路によって、学習時間に差がついている状況が浮かんだ。

 文科省の担当者は「皆が前向きに勉強に取り組めるよう、授業などの改善に向けた検討を続けたい」と話している。

 2001年の特定日に生まれた子どもを毎年調査する「21世紀出生児縦断調査」の結果。高校2年生相当の昨年に、約3万人が答えた。

 調査結果によると、高校などに通う男子の52.8%、女子の54.5%が大学進学を希望した。就職希望は男子16.8%、女子10.5%だった。「進路を具体的に考えていない」は全体の8.3%で、前年より5ポイント減った。

 宿題をのぞく学校外での勉強時間を聞いたところ、平日は29.5%、休日は29.9%がゼロと回答した。中学入学以降の調査で最も多くなった。卒業後の希望進路別に見た場合では、大学進学希望は休日に2時間以上が41.7%で、ゼロは18.0%。就職希望は休日に2時間以上が6.8%で、ゼロは57.1%だった。

 スマートフォンやタブレット、パソコンを1日に使う時間について、就職者らを含めて質問したところ、平日に3時間以上としたのは44.5%で、休日は66.8%。6時間以上もそれぞれ、8.6%と19.6%いた。

【PR】1.持続可能な開発 / 戸締り用心火の用心
2.自由の鐘〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.生産性革命! / 能開・生産性セミナー募集中!

0
タグ: 人間資本 教育 訓練

2019/12/6  2:17

父は金より義を重んずる人だったから  汽船(エッセイ)
 こうやって書いていると、父が株とか土地とかやって困ったのだと思われそうだが、そうではない。

 あの時にお金に困ったのは、父が金より義を重んずる人だったからです。

 それ以上のことはネットでは書けません。

 成人して一部理由を聞いて、そこまで義に篤いことをしなくてもと思った。

 あの頃私は思い悩んで、思い切って祖父母の家に行って頭を下げて大学に行ける支援をお願いしようと思ったこともあった。

 しかし気配を察知されたのか、親に祖父母の家を訪問するのを厳禁された。

 正月も父母同伴だから、何か言ったら殺されますし、私もそんなみっともないことはしたくなかった。

 でもそれくらい大学はあこがれでした。

 当時は大学全入の時代じゃなかったからね、大学全入なんて文部科学省も馬鹿なことしたよ。 

【PR】1.持続可能な開発 / 戸締り用心火の用心
2.自由の鐘〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.生産性革命! / 能開・生産性セミナー募集中!

0
タグ:  汽船 エッセイ

2019/12/5  4:12

たしかに高校普通科にするために粘ったな  人間開発(Human Development)
 その後の人生がわりとオーソドックスなので、親はそのような激論や喧嘩をしたことをまったく覚えていません。

 でもたしかに高校普通科にするために粘りました。

 ただ横浜商業高校あたりを目ざすにしても、当時は大変な人気校である。

 親が横浜商人であるとか、野球をするとかでないと、何か動機があいまいになりそうだった。

 商業科だって大変ですよ。

 それに自分が横浜商人になれるとは思わなかったし、卒業後住み込みの店員になって努力すれば大丈夫とは親に言われたが、あの頃でも住み込みの店員になって修行をするというのは、どこかリアリティがない感じがした。

 普通科を勝ち取っても交通費は出さない、図々しいと言われる。

 「商業高校に行くのなら、どこの高校に行っても交通費がかかるじゃないか!」と言っても取り合わなかった。

 嫌な言い方をすれば、普通科に行くのなら交通費を出さないと言えば、学区外のそれなりに距離のある高校に行くしかなく、どこかで音を上げて「商業科に行く」と言い出すと計算したのかもしれない。

 しかし私は頑固で、学区外で普通科に合格するしクラブ活動までやって、よい結果を持ってくる。

 何とも小面憎い子供だったのかもしれない。

 ただ大学に行くと決まれば親は必要な支援をしてくれた、それについては感謝している。

 もっと結果を出したかったけど、取り掛かるのが遅かったからな。

 でも東京私学の伝統校に行ったのだから、ここでも悪いわけではないと思う。

【PR】1.持続可能な開発 / 戸締り用心火の用心
2.自由の鐘〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.生産性革命! / 能開・生産性セミナー募集中!

0
タグ: 人間資本 教育 訓練


AutoPage最新お知らせ