夢のまた夢

 

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

書いている人

書いている人:振戸りく       たいていは短歌を詠んでいます。                       

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:振戸りく
そうですよー。
私も新井さんの短歌を読んだ時にあぁ〜と思いました。
枡野さんのコメントも最高!
みんなが思っているけど確認したことのないことを
短歌にした新井さんがすごい、と思うー。
投稿者:ラブタイタイ
私だけではなかったのね。
思い出して声に出してしまうのは。
新井蜜さんの歌、そのまんまですね。
うんうん。まさに不意打ちでよみがえってきますもん。
ああ、なんか嬉しい。みんなそうなのね。
すいません、一人時間差のようなコメントで。
投稿者:振戸りく
コメントde自己紹介のような記事になりましたね。
豪華メンバーだわー。
この調子でどんどん他の方々と交流してください。

>てこなさん
15の息子は相変わらずヒゲ面で学校へ行きます。
あー、もう、どこまで私が手を出していいのやら……。
口だけは出してるんですが
本人がその気にならないと駄目ですね。

>ももやままこさん
ケータイのメモ帳は時々使います。
でもちゃんと57577に収まってることはないですね。
大抵字数が多いの。
やっぱり、全体を見渡せるような書き方しないと駄目だなあ。

人柄だなんて……ふふふ。こそばゆいですね。
投稿者:ももやままこ
この歌の身近な出来事で誰にも起こる衝動みたいな感じ、いいですね。
私はよく書かずに携帯のメモに打ち込みますが、基本はやっぱり紙とペンですよね。短歌なら尚更、縦書きにしてみると改めて歌を見直しできたりしますし。
 
 
>>てこなさん
はじめまして。
ケータイ短歌の常連さんで必ず毎回名前を(もちろん歌も)拝見しています。
たまにしか投稿しないのに採用率も低めの私ですが、てこなさんのブログにもおじゃまさせてください。
 
 
ここのブログにはたくさんの方々が集まりますね!ホント、振戸さんの人柄の良さを感じます☆
投稿者:てこな
振戸りくさん、早速ブログを見てくださったそうで、ありがとうございます。
振戸さんの歌は、石田衣良さん選の、15の息子のヒゲ、の歌が好きです。

ラブタイタイさん、
わあ!ここで巡り会えるなんて、うれしいです!
ラブタイタイさんの短歌は、本当に上手ですね!
ケータイ短歌でも、別格☆☆☆という感じです。
「てこなのホイップ短歌」ブログも、よろしければ見にいらしてください。

振戸さん、ラブタイタイさんへのメッセージもこちらに書かせていただき、すみません。


http://blog.duogate.jp/tekonatanka
投稿者:振戸りく
>ラブタイタイさん
階段を下りかけた時に思ったのは
あの時あんなこと言ったけど言うべきじゃなかったかなあ
などというたわいもない反省です。
日々反省してます。
でも反省が次にいかされない体質らしいです。

失敗したことを思い出して声が出てしまうことありますよ。
かんたん短歌blogに投稿された新井蜜さんの短歌で
掻き捨てたはずであるのに不意打ちでよみがえってくるこの感覚は (新井蜜)
というのがあります。
枡野さんが「うあああああ! と叫んだり。」と
コメントされていて、そうだなーと思います。
投稿者:ラブタイタイ
おはようございます。
その時りくさんの心に浮かんだことはなんだったのでしょう。気になるところではあります(゚-゚)

ふとした瞬間に思い浮かぶこと。
風のように通り過ぎてしまうことが多いかな。
すごく恥ずかしいこと(失敗したことなど)を思い出して ああ!と声を出してしまう事もありますね。私だけ?
>てこなさんだ!
はじめまして。
ケータイ短歌、聴いてますよ(^o^)丿
投稿者:振戸りく
てこなさん、はじめまして。
お名前はよく拝見してます!

ブログ、かわいらしいですねー。
石田さん選のバターじゅわ、の短歌、私も好きです。
投稿者:てこな
はじめまして。
「土曜の夜はケータイ短歌」等に投稿しております、てこな、と申します。
時々覗かせていただいていました。

歩道橋の短歌、「おりかけた」というところがいいですね。
階段と、つま先が見えるような気がします。
私も先日、ブログを開設しました。
よろしければ、覗きにいらしてください。


http://blog.duogate.jp/tekonatanka
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ