第43話 熊倉邸のガーデンパーティー  シブイチ狂想曲



(あれから3ヶ月が経過した。
季節はもう夏・・
真紀の怪我も完治した頃、熊倉校長宅に招待された真紀と真澄。
その他のメンバーとしては中根麻由美、瀬川みちるが御呼ばれにあずかった。

真紀は中根、みちる、さらにもう一人と連れだって熊倉邸に・・
チャイムを鳴らすと中から出てきたのはなんと・・・)

みちる>梨沙ぁ! !

(驚いた顔をする3人。)

中根>梨沙も呼ばれてたんだ。

(中根の問いに首を横に振る梨沙。)

梨沙子>えへへ・・実はね・・・
(と、言いかけた所で熊倉が奥から姿を見せ。)

熊倉校長>やぁ〜よく来てくれたね^^
さ・さ・・あがって、あがって。
・・・って、大西くん、真澄さんは遅れて来るのかな ?

真紀>あ〜校長、ゴメン。
ママなんだけどさぁ・・今日は用事があるから行けないって。

熊倉校長> ずっでーーん! ! ! !
(ひっくり返る熊倉。)
とほほ・・・

梨沙子>用事があるなら仕方ないじゃん ?
ね、諦めよう。
(熊倉をお越し説得する梨沙子。)

みちる>なんか二人、親子みたい(笑)

熊倉校長>しかしなぁ・・最高級のシャンパンも用意したのになぁ(涙)
せっかくの松坂牛も1人前分が無駄になってしまうなぁ・・
(ぼやく事この上ない往生際の悪い熊倉。)

真紀>まぁ、ママの代わりと言っちゃなんなんだけどさぁ・・・

熊倉校長>林檎ちゃんかね^^

(真紀の背後から顔を出したのは)

三治>ちわ〜す^^

梨沙子>三治じゃん、じゃ〜みんなあがって^^

中根>って、事は・・梨沙、校長先生の家に住んでたの ?

梨沙子>あれ ? 言ってなかったっけか^^;

熊倉校長>実はね、彼女がこっちに来た時、色々住む場所をあたったんだが・・・
「風呂とトイレが一緒なんて」とか「オール電化じゃなきゃ嫌だとか」
中々うるさくてね〜
最終的に新築した私の家に間借りしたという訳だ。

庭に出て焼き肉パーティーを始める一行。

三治>中々炭に火がつかないなぁ・・・

みちる>どいて! !
(手際の悪い三治をどかすとチャッカマンで火をつけるみちる。
そこへ熊倉と梨沙が食材を運んできた。)

中根>ガーデンパーティーなんて熊倉にしては考えたね^^

真紀>肉を焼きながら、ほら三治出来たよ^^
(三治の皿に肉を入れてやる真紀。)

三治>あざーす^^
(早速、焼き肉を頬張る・・・)
さすが松坂牛っすね・・・うんめ〜す^^

熊倉校長>それでは皆さん、今日は我が家へようこそ^^
それではグラスをお持ち下さい。
・・・・乾杯^^

真紀・中根・みちる・三治>乾杯^^

梨沙子>乾杯^^



(熊倉邸でのガーデンパーティーが和気藹々と進んでいた頃・・・
真紀の母、真澄は、とある病院を訪れていた。)




にほんブログ村ランキングに参加しています。
応援して下さる方は下記のバナーをクリックお願いします^^
(1日1回限り有効です。)


にほんブログ村 小説ブログ 学園・青春小説へ
にほんブログ村







2014/3/27  9:08

投稿者:まあ

ここに来て梨沙子と熊倉校長の関係が明らかになりました(笑)
色々と注文の多い彼女ですがさすがに新築一戸建てでは文句無しだったんでしょうね。
ママの代理で、ちゃっかり者の三治がついて来たのも何なんでしょうかね。

さて、真澄は何をしに行ったのか。
次回の展開にご期待下さい。

http://moon.ap.teacup.com/egoistcity/

2014/3/27  8:01

投稿者:カゼコイ

おはようございます^^

贅沢な人ですね〜!^^;
まさか、校長先生のとこにいるとは・・・
ある程度梨沙子のことは、知里先生から聞いていたのかも
しれないですねぇ・・・(笑
いや、図らずもこれは私のことにも
当てはまるかもしれませんね、注文多いとこ^^;


んでお母さんが行ったとこは・・・
やっぱり一つですよね、間違いなく^^

http://wind.ap.teacup.com/storyhouses/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ