第41話 梨沙子 絶体絶命  シブイチ狂想曲



(尻餅をついてしまった梨沙子、キッと大樹寺を睨み付ける。)

大樹寺>シブイチの奴がこれほどまでとは・・・
どうやらオマエの実力をみくびっていた様だ。
どうだ ?
今、アタシに許しを請えば新道場の師範代として迎えてやってもいい。

(梨沙子にゆっくり近寄りながら意外な条件を持ち出す大樹寺。)

梨沙子>アタシを新道場の師範代に ?

大樹寺>・・・・

梨沙子>さっき言ったよな ?
真紀の仕返しに来たって。
そんなウチがオマエに協力できるとでも思ってんのか ?
それも、まだありもしない新道場でさぁ! !
オマエ、頭おかしいだろ ?

大樹寺>そう、それは残念・・ねっ! !

(梨沙子の髪の毛を脳天から鷲掴みにすると無理やり立ち上がらせる。)

ではひとつ・・・オマエの弱点を教えてやろう。

梨沙子>ウチの弱点 ?

大樹寺>オマエの一発、一発は確かに強烈だ。
だが、オマエはスタミナ配分がわかっていない様だ。

梨沙子>なんだとぉ・・・

大樹寺>ほら、すでに肩で息をしている。
長期戦に持ち込めばオマエの勝利は無い。

梨沙子>! ! ! !

大樹寺>フ・・・(驚愕の表情の梨沙子に対して不敵に笑みを浮かべる。)

この大樹寺の肋骨砕きをかわしたスピードは誉めてやろう。
だけど・・・
(その時、大樹寺の指先が赤色に発光する。)

(左手で梨沙子の髪の毛を掴んだまま、右手人差し指を梨沙子の側頭部に突き刺す。)

ズブッ! !

梨沙子>あっ! !
(梨沙子の動きがぱたりと止まってしまう。
梨沙子は瞬時に「またしても・・」と悔しげな表情を浮かべる。
自分の気持ちとは裏腹にこの技を食らうと体の自由がまったく奪われてしまうのだ。)

大樹寺>動けなければ肋骨砕きをかわす事は出来ない。

梨沙子>・・・・

大樹寺>安心して・・あと数分もすれば体は元のように自由に動ける。

終わりだ・・・ボキボキ・・バキ! !

(5本指の関節を鳴らすと右手のスパンを大きく開く大樹寺。
大樹寺の5本の指が梨沙子の肋骨めがけて突き刺しに行く。)

ビュッーー! ! ! !

梨沙子>・・・・
(覚悟を決め目を閉じる梨沙子。)

大樹寺>・・・! ! ! !
(梨沙の胸に5本の指が突き刺さる寸前、大樹寺が大きく目を見開く。
そして大樹寺の動きがパタリと止まった。)

オ・・オマエは・・・

(大樹寺が見たものとは)




にほんブログ村ランキングに参加しています。
応援して下さる方は下記のバナーをクリックお願いします^^
(1日1回限り有効です。)


にほんブログ村 小説ブログ 学園・青春小説へ
にほんブログ村







2014/3/5  23:11

投稿者:まあ

短期決戦では絶大な強さを発揮する梨沙ですが
やはり長期戦ではスタミナ切れを露出してしまいました><
梨沙と一定時間、戦ったことで弱点を見抜いた大樹寺。
そしてまたしても動けなくなるツボを突かれた梨沙は絶体絶命のピンチに立たされます。
肋骨砕きが決まる寸前、大樹寺の目の前にある人物が現れます。
間一髪、梨沙は助かったわけですが・・・
大樹寺が驚愕のあまり5本の指を止めたのは誰か ?
もうおわかりですよね^^

次回の展開にご期待下さい。

http://moon.ap.teacup.com/egoistcity/

2014/3/5  22:54

投稿者:カゼコイ

こんばんは〜。
執筆お疲れ様です。


私としては彼女、どうぞボコボコにされてください、
遠慮なくしてほしいくらいで〜
(作者脳内の、年度末リストラ候補に入っている彼女だけに・・・
他には?秘密です〜)
まっ、そうはなりませんよね・・・

他の弱点を大樹寺のお姉さんに教えるとすれば、
命中率が悪い、頭が悪い、ドジ、
そもそもさやかのほうが強い!でしょうかね〜^^;

何せ、中根さんやらが助けに来るのですからね!
でも違う人が出て来るかもしれないんですよね〜
もしかすると○○さん・・・?んー。
次回も楽しみにしております〜。

http://wind.ap.teacup.com/storyhouses/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ