EGOゑぶろぐ

NOV.FALLの雑感・タワゴトなど

 

カレンダー

2021年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

EGOists' BBS

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:NOV.FALL
Natさん、ご無沙汰です。
こちらでは初めましてですね。Welcome!

ブログはじめたのですね。早速拝見させて頂きました。
「無神論的信仰」は格闘の末のことだと思います。
ああ、でも多分、きっとそれもまた変化していくのだという気がする。

えっと、私は無神論ではなく、「神は人がすべきこと、人の決めるべきことに口を出さない。そのかわり、常にチャンスと希望を用意する。たとえそのことに人が気づかなくとも」というスタンスです。

動物の人間の差が自己認識であるという話、大変興味深く読みました。

大筋同意で、ひとつだけ、その善悪の判断をするのも猿とほとんど変わらない人間(自分)である、というのが気になっていたりします。

ま、今は「正解は存在しないので、ベストではなくベターを」というスタンスなのですが、
このベストの選択というのが、歪んだ認知の持ち主である私には時々ひどく難しい。

以前、同じ記事への別の方からの拍手コメントで、「でんぷん(米とか)を生で消化できるか否か」が鍵らしいという指摘をいただきました。

で、ちょっちネットで調べたところ、
猿の暴力性から人間の未来について考える本を見つけました。(まだ読んでないけどw)

私は自分が暴力的な人間だとは思わないけれども、私というシステムの中にユーウツの表裏として存在する暴力的なメカニズムと対峙せざるを得ない。

で、逃げるわけではないけれど、自分の“それ”は、人類の“それ”でもあるよなー、と思うのです。
投稿者:Nat
人と猿/動物を区別するもっとも大きな違いは、鏡を見てそれを自分だと認識できるかできないかだと思います。
自分を客観的に見れるか、本能のおもむくままに行動するだけか。
自然に手を加えるという点では、動物も巣を作ったりして人と程度の差こそあれ大きな違いはないと思います。
同種同士で殺し合う事もありますし。
ただ大きな違いはそういった自分の行動を省みたり、善悪の判断をしたりする所じゃないかなと思います。
善悪の判断の先に道徳や宗教が生まれたのかと思います。

http://Nathaniel.exblog.jp/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ