デカブログ―2

 
ギネス(駄文長期連載記録)をねらう、元町長のかわら版根性記

自由項目1

この年になって、私はなんでこんなに忙しいんだろう・・・愛知県木曽川町長退職後3年、ある意味人もうらやむ“老後”なのかもしれない。 町長になるまで13年間ミニコミを編集発行、3期にわたる町長時代には、「丁々発止―町長発志」と題して町広報誌の1ページを占拠しつづけた。25年間「こころにうつりゆくよしなしごと」を書き続けたことになる。 それから3年、ブログをパンクさせるまで書き続けた。何の進歩もないへたくそな文章を、人に読まれる形でここまで書き続け、恥をかき続けた例は、アマチュアとしてはあまりないのではないか。 目指すはギネスである。「くだらない文章を世界一長く書き続けた男」・・・健康に留意して、当面は「デカブログ―2」のパンクを目指す。死ぬ前に一番感謝すべきは、このブログにアクセスし続けてくださったみなさんでありましょう。 ブログシンボルのつもりの「びわ」の絵が、産直用の梱包ラベルに採用された。今度はこれをシンボルにしよう。非常に発展的ではないか!

カレンダー

2021年
← January →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

過去ログ

最近のトラックバック

 

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:アメンママ
恥ずかしながらといおうか、エッヘンといおうか伊勢湾台風、薄っすらと覚えております。
幼稚園へ入る前だったと思いますが、父が椅子をひっくり返した物に紙を巻き、ロウソクを立て、即席行燈を作った覚えが…。
ものすごい風の音と暗闇を覚えています。
屋根がミシミシガシガシ鳴っていて、いつ吹っ飛んでしまうのかと怖かったことも。
すごい台風でした。
投稿者:deka
杉山さん
その後奥尻島の津波、阪神淡路大震災、三国のタンカー事故など、現地に駆けつけましたが、今回東北まで出向く気力が涌きません。
あまりにもスケールが大きすぎて無力を感じ・・・いや、年のせいかもしれません。
投稿者:杉山眞幸
日々、何事もなく生活していけるのは
こういった皆さんのお働きのおかげと
あらためて感謝しました
ありがとうございます
投稿者:deka
赤ん坊だった人がそこまで伊勢湾台風の惨状について知っていてくださって、ほっとします。
町長時代、消防団に「地域防災力の核」になってもらおうと、一生懸命応援してきました。合併後どうなっているのかよくわかりませんが、東北の災害後を見ていて「地域の求心力」が求められていることを強く感じます。
投稿者:久納
伊勢湾台風時私はこの世に生まれ三ヶ月と25日目でした。親から聞いた話では岐阜市領下の自宅でガラス戸に畳を打ち付けて雨風を凌いでいたと聞いています。南区大江駅の西に現在の勤め先の研修施設でも三階まで海水に浸かり貯木場の丸太で壊滅状態まで建物を叩き壊され社員の七割が死傷し残りの社員で復興まで一年以上自宅にも不帰で頑張っていたと当時のビデオ映像で見させていただきました。今この地区で災害が発生したらどの程度助け合いの精神が出てくるのか不安です。町内の防災にも携わっている今どうしたら良いか考えさせられます。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ