デカブログ―2

 
ギネス(駄文長期連載記録)をねらう、元町長のかわら版根性記

自由項目1

この年になって、私はなんでこんなに忙しいんだろう・・・愛知県木曽川町長退職後3年、ある意味人もうらやむ“老後”なのかもしれない。 町長になるまで13年間ミニコミを編集発行、3期にわたる町長時代には、「丁々発止―町長発志」と題して町広報誌の1ページを占拠しつづけた。25年間「こころにうつりゆくよしなしごと」を書き続けたことになる。 それから3年、ブログをパンクさせるまで書き続けた。何の進歩もないへたくそな文章を、人に読まれる形でここまで書き続け、恥をかき続けた例は、アマチュアとしてはあまりないのではないか。 目指すはギネスである。「くだらない文章を世界一長く書き続けた男」・・・健康に留意して、当面は「デカブログ―2」のパンクを目指す。死ぬ前に一番感謝すべきは、このブログにアクセスし続けてくださったみなさんでありましょう。 ブログシンボルのつもりの「びわ」の絵が、産直用の梱包ラベルに採用された。今度はこれをシンボルにしよう。非常に発展的ではないか!

カレンダー

2021年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

過去ログ

最近のトラックバック

 

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:deka
プロのアメンママさんに絵をほめられると、うれしいけどやっぱり恥ずかしい気持ちになります。
「うつぐみ」の心・・・一宮にも岐阜にも、取り戻したいですね。
投稿者:アメンママ
「うつぐみ」の心…。
子どもと向かい合う時にぴったりな心の持ちようですね。
「石一つひとつにそれぞれの形があり役割がある」
子どもの優れた資質を押さえ込まないように、役割を判断してあてがう。
そして一心にやったら褒めてやる。
そうでもなかったら、助言する。

ゆっくり大らかに…そんな心を教えてくれている素敵な言葉「うつぐみ」の心。

光あふれる清々しい子どものいる風景。
東から光が降りそそいで、子ども達が活動を始めた春のひとコマ。
本当に素敵です!
投稿者:deka
杉山さん、いつもありがとうございます。

東からの光、わかりましたか! そう、左が東です。やったー!

勉強にはならないと思いますが、今後もよろしくお願いします。
投稿者:杉山眞幸
1日の中にいろいろなことがあり、
子供たちも石垣と同じように
いろいろな顔があり、
絵もちゃんと
東から春の光が降り注いでいるのが
わかります。

ブログを拝見し、勉強をさせてもらっています。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ