2013/3/17

遊星からの物体X/ファーストコンタクト  SF

クリックすると元のサイズで表示します

監督:マティス・ヴァン・ヘイニンゲン・jr
出演:メアリー・エリザベス・ウィンステッド
2012年 公式サイト

評価:★★★

私の好きなジョン・カーペンター監督の「遊星からの物体X」の前日譚。内容的にはオリジナルと同じ展開の繰り返しである。
オリジナルとは人間と物体との見分け方が異なる。個人的にはオリジナルの血液検査の方がスリリングで良かったかな。

見所である物体Xが人間を複製して正体を現すところはなかなか良い。モンスターの造詣もそこそこの出来である。

オリジナルのカート・ラッセルが演じたマクレディに相当するヒロイン役には「ダイハード4.0」でブルース・ウィルスの娘役や「デス・プルーフ」のチアガールを演じていたメアリー・エリザベス・ウィンステッド。混乱を広げるヒロインにいまひとつ共感できなかった。

0



2013/4/8  8:08

投稿者:クロケット

>レンさん
確かにレンさんのおっしゃるように前作を意識しすぎて、新鮮味がかけてしまっているところもありますね〜。ラストのつながる部分は良かったです。

2013/4/3  21:27

投稿者:レン

劇場で見ました。
あまりにもよく(前日談としては)出来ているなという印象でしたが、工夫もなく、火炎放射が持ち出された時は「どっかで出なくなるだろうな」って予想がつきましたし。
リスペクトを凄く感じたものの、それが過ぎると…って感想でした。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ