2012/9/18

ダークナイト・ライジング  アクション

クリックすると元のサイズで表示します

監督:クリストファー・ノーラン
出演:クリスチャン・ベール
2012年 公式サイト

評価:★★★☆

劇場公開してまもなく鑑賞したのだが、最近更新を怠っていたのでレビューが遅くなってしまった。

平和になったゴッサム・シティでバットマンも活躍の場がなくなり、人前から姿を消した。
そこに悪の権化であるベインが現れ、再びゴッサム・シティは恐怖に陥る。

アラが多いとつっこまれている評価を見かけるが個人的にはそこそこ楽しめた。
良かったところは以下の通り。
・ライジングの名前通り、ドン底からの復活あり。
・新兵器バットが格好いい。
・アン・ハサウェイのキャット・ウーマンがキュート。
・ラストは賛否あるが夢のある終わり方なので好きだ。

ところで、子供の頃からのアメコミ・ヒーローで一番好きなのはと聞かれたら迷わず「バットマン」と答える。「キャプテン・アメリカ」や「フラッシュ」なども映画化される前から好きなのだが、暗い影を持ったダーク・ヒーローで先天的に備わった能力ではなく悪に対する憎しみで自分を鍛えあげるという設定がいい。ティム・バートン版のニュースを聞いて歓喜したものだ。

0



2012/10/4  0:17

投稿者:クロケット

>クリコさん
確かに言われてみるとランボーのポスターみたいですね。
バイオは前作に比べると評判いいみたいです。



2012/9/30  8:27

投稿者:クリコ

ソフトで鑑賞します。ポスターはランボー4に似てますね。      バイオみました。前作よりは面白くなってました。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ