2012/8/28

ゾンビ大陸アフリカン  ホラー

クリックすると元のサイズで表示します

監督:フォード・ブラザーズ
出演:ロブ・フリーマン、プリンス・デビッド・オセイア
2010年 公式サイト

評価:★★★

アフリカ大陸で、ゾンビが大量発生し駐留アメリカ軍は撤退する。脱出の際に飛行機が墜落し残されてしまったエンジニアのブライアン中尉はゾンビの蔓延するアフリカ大陸をさまよい歩く。途中、息子を探しているアフリカ軍の兵士のデンベレと合流し、二人のサバイバルの道のりが始まった・・・

俳優も聞いたことのない低予算ゾンビ映画とたかをくくっていたが、最近見たゾンビ映画のなかでは佳作の出来であった。
アフリカという土地にゾンビが非常にマッチしているのである。

本作ではジョージ・A・ロメロ監督のゾンビ映画で描かれるようなのろのろゾンビである。
個人的には「ドーン・オブ・ザ・デッド」や「28日後」に登場するようなダッシュで走ってくるゾンビはあまり好きではない。

また、時々疑問に思っていたゾンビの徘徊する世界で夜野宿するときはどうするかが具体的に描かれている。いつ寝込みを襲われて喰われるかと考えるとゾクソクしてしまう。

「サンゲリア」とかの土着系ゾンビ映画でシリアスなものが好きな方にはおすすめである。
0



2012/9/27  23:48

投稿者:クロケット

>亀母さん
深いコメントありがとうございます。
確かにゾンビは人間だった頃の枠に縛られず自由なうらやましさもありますよね。
「ゾンビ」では生きていた頃の慣習に従いショッピングモールに群がるという哀切さもありました。
海外TVドラマ「ウォーキング・デッド」もシーズン2まで見ましたが毎回ハラハラでおすすめです。

2012/9/22  0:04

投稿者:奈良の亀母

こちらのコメントを拝見してレンタルしてみました。ノロノロしていて道具も使えないのに水がヒタヒタと足元に迫ってくるようにゾンビに取り囲まれる恐怖!ロードムービーでバディものでもありゲーム化したら面白いかも。バイオハザード最新作はどんなかしら?
ゾンビに何故これ程惹かれるかというと、家族愛や友情、同胞意識で繋がっていた人間が
人肉への渇望のみの存在に成り果てる哀しさのためだと思います。反面、絆や縁でがんじがらめの立場から全く自由な存在である彼らが羨ましくもあります。餓えには苦しむけど
妙に平和な感じがして。長くてすみません。

2012/8/30  22:36

投稿者:クロケット

>ゼブラさん
ゼブラさんものろのろゾンビ派ですか?
微妙に逃げることができそうなスリリングさがたまりません。

2012/8/30  22:31

投稿者:クロケット

>ジョージさん
ラストもなかなかいい終わり方でした。
低予算ながら、こういう頑張ってくれている映画と出会えるのが楽しみです。

2012/8/29  15:36

投稿者:ゼブラ

こんにちは。(すみません、御無沙汰しております)

のろのろ感は久しぶりで良かったです。
ゾンビはゆっくり静かに気配なく襲ってくる恐怖感が際立ちます。


2012/8/29  12:27

投稿者:ジョージ

久々の正統派ゾンビ映画でしたね。僅かな希望の光が垣間見えるラストも良かったです。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ