2012/5/5

クリスティーン  ホラー

ジョン・カーペンター特集G
「劇場用チラシ」
クリックすると元のサイズで表示します

監督:ジョン・カーペンター
出演:キース・ゴードン
1984年

評価:★★☆

気弱な高校生アニーは、一目惚れしたぼろぼろの1958年型のプリマス・フューリーを買い込み、自動車修理工場へ持ち込みそこで働きながら自分で修理を行う。しかし、クリスティーンと名付けられたその車は意志を持っており、アニーや車に危害を加えるものを次々と殺害していく。壊されても自己再生能力を持った車にどう対抗するのであろうか・・・

スティーブン・キングの同名小説の映画化作品。ジョン・カーペンターは前作の「遊星からの〜」でやりすぎたのか、原作がキングと決まっているためか、本作では随分おとなしいトーンのホラー映画である。
テレ東の午後のロードショーで放送された際の吹き替え版で久々に鑑賞してみたが、赤のプリマス・フューリーが、嫉妬深い女性に見えてくるのが不思議である。

主演者については、アニー役のキース・ゴードンは「殺しのドレス」に出演していた。また、ハリー・ディーン・スタントンは「エイリアン」に出演していた名脇役である。

車に悪霊が乗り移った作品といえば「ザ・カー」なんかもあったがそこそこ楽しめる内容であった。
0



2012/8/27  23:01

投稿者:クロケット

>T2さん
いかにもスティーブン・キングが好みそうな映画でしたね。
主人公の変わりぷりが描かれるのは結構好きです。

2012/8/27  22:31

投稿者:T2

ようやくDVD買いました。
この作品好きなんですよね。主人公の変わりぷりと言い、自己再生シーンといい。。。
流石、当時のS・キングが映画化された中で唯一認めた作品ッス。

2012/5/15  23:06

投稿者:クロケット

>ライアンさん
確かに悲哀感も感じるかも知れませんね。
しばらく見てないと細かいディティールを忘れてしまっていることが多いので、再見したときに新たな発見があるかもです。

2012/5/14  20:25

投稿者:ライアン

この作品、子供の頃に観てちょっと怖いと共に悲哀感も感じました。


ラストの車のオーナーごと…はなんとも。

また、観たい作品です。

2012/5/9  0:56

投稿者:クロケット

>サスペさん
「クリスティーン」は読んでないですね。「ファイヤー・スターター」は原作の方が面白かったです。
「ザ・カー」はなかなかの秀作です。そういえばスピルバーグの「激突」も良かった。

2012/5/9  0:56

投稿者:クロケット

>サスペさん
「クリスティーン」は読んでないですね。「ファイヤー・スターター」は原作の方が面白かったです。
「ザ・カー」はなかなかの秀作です。そういえばスピルバーグの「激突」も良かった。

2012/5/8  17:39

投稿者:sasuperia2red

原作と比べるとアッサリした印象です。でも自己再生シーンはよかったですね。「ザ・カー」は安価版が出たので購入しました。

2012/5/7  22:07

投稿者:クロケット

>nasuさん
車ホラーものはそんなに外れがないですねぇ。
もちろん「高速バンパイア」もっ!
チャールズ・バンドの「クラッシュ」っているのもありました。

2012/5/7  13:15

投稿者:nasu

車ものも面白いですよね。「ラバー」もめでたくDVDになりましたしね。
「高速ヴァンパイア」もお忘れなくw

2012/5/6  22:30

投稿者:クロケット

>グリコ〜さん
「物体」の暴れっぷりから比較すると、かなりおとなしい内容でしたね。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ