2012/2/5

127時間  パニック

クリックすると元のサイズで表示します

監督:ダニー・ボイル
出演:ジェームズ・フランコ

評価:★★☆

2003年4月25日、アーロンはユタ州のスロット・キャニオンで自然の裂け目を身一つで冒険するキャニオニングに出発した。女の子二人組みを道中、渓谷に出来た自然のプールに案内し、その余韻にひたりながら一人キャニオリングが始めた。しかし、落石により右手を岩壁と落石の間にはさまれてしまう。やがて、携帯していたボトルの水もなくなり、脱水症状から幻覚を見るようになる。彼が生き残るために決断したのは、はさまれた右手を切断することだった・・・

実在の登山家アーロン・ラロストンが実際の体験した事故を本にした自伝「奇跡の4日間」を原作とし、「28日後・・」「スラムドッグ$ミリオネラ」のダニー・ボイル監督が映画化している。

先日の「サンクタム」に引き続き、大自然に対するパニックものであるが、こちらも閉所恐怖症気味の自分にとってはきつい。昔読んだ、スティーブン・キングの短編集「スケルトン・クルー」の「生きのびるやつ」という作品で無人島に漂着した主人公があまりの空腹に耐えかね自分の手足を食べてしまうというエピソードを思い出した。

実際のアーロンは事故後結婚をし、2009年には長男が生まれている。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ