2010/1/3

オルカ  パニック

クリックすると元のサイズで表示します

監督:マイケル・アンダーソン
出演:リチャード・ハリス、シャーロット・ランブリング
1977年

評価:★★★☆☆

妻と胎児を船員に殺されたシャチ=オルカが人間へ復讐するパニック映画。
「ジョーズ」のヒットに便乗とはいえ、港町を炎上させたり、最期に流氷上での船長との対決など見せ場が多く楽しめるなかなかの佳作。

出演は船長役に「ハリーポッター」シリーズの初代校長役や「ワイルド・ギース」「ジャガー・ノート」のリチャード・ハリス。女海洋学者で「愛の嵐」のシャーロット・ランブリング。
監督は「2300年未来への旅」のマイケル・サンダーソン。音楽はエンニオ・モリコーネ。
製作は大御所ディノ・デ・ラウレンティス。「キングコング」の翌年にプロデュースしている。


0



2010/1/14  0:23

投稿者:クロケット

>T2さん
確かに動物側に感情移入してしまう映画は珍しいですよね。
動物版「マッドマックス」といったところか?・・
子供の頃、シャチの名前を知らずオルカという名前だと思っていました。(実際はシャチの学名がOrcinus orcaだそうです。)

http://moon.ap.teacup.com/crocket/

2010/1/13  23:19

投稿者:parasaitert2

来ました名作「オルカ」!
一匹の鯱がもの凄い攻撃力を持ってますね。
「ジョーズ」もここまでしなかったw

ただ今作は見している内に動物パニックにおいては珍しく動物側に感情移入してしまう作品でありました。

http://moon.ap.teacup.com/tethu/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ