2009/9/6

筒井康隆 自薦ホラー傑作集  BOOKS

今回はお勧めホラー小説の紹介。

「時をかける少女」の原作者でもある筒井康隆氏の自薦ホラー集。ちょっとした空き時間つぶしのために久々に筒井氏の短編を読んでみたらはまってしまった。いずれも珠玉の作品である。

「懲戒の部屋」 新潮文庫
クリックすると元のサイズで表示します

収録作品を以下一部紹介。
「走る取的」:理由も分からずひたすら相撲力士に追いかけられるサラリーマンの悲劇。「ハロウィン」のブギーマンのようにひたすら追いかけてくる力士が怖い。
「乗越駅の恐怖」「懲戒の部屋」:いずれも理不尽な理由で主人公が悲惨な目に会う。「懲戒の部屋」は男に取って悪夢の様な話である。


「驚愕の曠野」 新潮文庫
クリックすると元のサイズで表示します

収録作品を以下一部紹介。
「驚愕の曠野」:表題となっている中篇。最近読んだSF系の小説の中では一番の作品。私のイメージでは「羅生門」や「火の鳥」で出てくるような戦火の中、飢えによる殺戮が続いている。殺されると輪廻転生し次の世界で人間としての理性が失われ怪物化していく。世界は階層構造になっておりその世界で死すとさらに人間性を失っていく。
数百冊ある永遠と続く物語を語り部である「おねえさん」が子供たちに読み聞かせる形式を取っている。複数の登場人物がつながりを持っており次から次へと無常にも死んで次の世界で怪物化していく。何度か読み返していくうちに関連性が分かりさらに謎の深みにはまっていく。映画「ゾンビ」のように悪夢のようではあるがその世界観にずっと浸りたい気になってくる。
文章ではうまく表現できないがぜひ一読して欲しい作品である。
0



2009/9/18  0:36

投稿者:クロケット

>ユキままさん
筒井さんの作品は、頭では到底理解できないことが日常生活に入る込んでくるところがとても怖いですね。
ホラー映画でも正体がわかってしまうとな〜んだと思ってしまいますが、理解できないものが襲ってくるほど怖いものはありません。

http://moon.ap.teacup.com/crocket/

2009/9/16  23:09

投稿者:ユキまま

私も取的の話は読んだことあります。
想像すると恐ろしいものがありますね。
シュールな展開が怖いですよね、筒井康隆のホラーは。
「母子像」も哀しくも怖い話です。

http://blog.auone.jp/yuki200711020/

2009/9/8  0:41

投稿者:クロケット

>亀母さん
やはりご存知でしたか。確かに地獄のような世界なのに妙に心休まる空間でもありますた。何故なんだろう・・
「走る取的」みたいに理由もなく追いかけられるのは怖いですね・

http://moon.ap.teacup.com/crocket/

2009/9/7  22:45

投稿者:奈良の亀母

驚愕の廣野の世界は悪夢なのに有機的で
妙に心が休まるような気がしませんか?
「走る取的」を初めて読んだ後、大相撲が
怖くてテレビで見られませんでした。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ