2009/8/11

ロッキー・ザ・ファイナル  ドラマ

クリックすると元のサイズで表示します

監督:シルベスター・スタローン
出演:シルベスター・スタローン、バート・ヤング、ジェラルディン・ヒューズ
2006年

評価:★★★★☆

ボクシングを引退し、妻エイドリアンにも先立たれ、エリートサラリーマンとなった息子ともうまくいっていないロッキーは、イタリアンレストラン「エイドリアンズ」を経営し過去の思いにとらわれている。しかし、彼のなかでくすぶっていた熱い思いにより現チャンピオンとのエキシビジョン・マッチが実現し最期の戦いに挑戦する・・・
前作でストリート・ファイトで終わってしまったのを塗り替えるように還暦を越えたスタローンが晴れ舞台で戦いに挑む。

仕事や人生につらいことを感じている人にはぜひ見てもらいたい映画。

親の威光で自分の人生はめちゃめちゃだという息子にロッキーはこう語る・・

「だがお前にもわかっているはずだ・・。世の中は常にバラ色ではない。それなりにきびしくつらくことも待っている。気を抜いたらどん底まで落ち込んではいあがれなくなる・・・それが人生だ。
人生はどんなパンチよりお前を重く打ちのめす。だがどんなにきついパンチだろうが、どれだけこっぴどくやられようが、休まず前へ進め!
ひたすら苦痛に耐え、前に進むんだ!・・その先に勝利がある!

自分の価値を信じるなら迷わず前へ進め。決してパンチを恐れるな!
自分の弱さをそいつらのせいにするな!
それは卑怯者のやることだ!お前は卑怯者じゃないんだ!この俺の息子だ!」

どんなに打ちのめされても前へ進む!つらくなったときはこの映画を見る。私の活力の映画である。
過去の「ロッキー」シリーズは別途レビュー予定。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ