2009/6/20

激突!  サスペンス

クリックすると元のサイズで表示します

監督:スティーブン・スピルバーグ
出演:デニス・ウィーバー
1972年

評価:★★★★☆

スピルバーグ監督がメジャーになる前に撮ったテレビムービー。出来のよさに日本やヨーロッパなどで劇場公開となった。
ストーリィは普通の男がタンクローリーにひたすら追いかけられる話ではあるが、演出の巧さにぐいぐい引き込まれる。さすがスピルバーグ。
追いかけてくるタンクローリの運転手は一切顔を出さずタンクローリー自体が「ジョーズ」のようなモンスターのようである。
「地球最後の男」「ヘルハウス」の原作者リチャード・マシスンの原作。
第一回アボリアッツファンタスティック国際映画祭でグランプリを受賞している。
後年、内容は本作とはまったく関係のない「続激突!カージャック」が作られた。
0



2009/7/5  23:29

投稿者:クロケット

>ばんぼろさん
確かに低予算の頃のスピルバーグ作品では面白いのが沢山ありましたね。最近の「マイノリティ・レポート」「宇宙戦争」あたりはツボにはまりません。
そうえいば、本作の吹き替えは「宍戸錠」「徳光アナ」のバージョンがあるみたいですが、「徳光アナ」バージョンを見てみたいですね。

http://moon.ap.teacup.com/crocket/

2009/7/4  21:45

投稿者:ばんぼろ

これガキん頃TVで観てブラウン管の前から動けなくなった作品です。
僕的スピルバーグは低予算の方が実力を発揮する監督だと思うのですが、どうでしょう?

http://hp39.0zero.jp/692/banboro2

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ