2011/10/10

ワイルド・アット・ハート  ドラマ

クリックすると元のサイズで表示します

監督:デビッド・リンチ
出演:ニコラス・ケイジ、ローラ・ダーン
1990年

評価:★★★

デビッド・リンチ特集により再掲載。

デビッド・リンチ監督のアクの強い登場人物が繰り広げる一風変わった恋人達の逃避行の映画。カンヌ映画祭でパルムドールを受賞。

セイラーは、恋人ルーラの母親であり、娘に対して妄執的な愛情を頂くマリエッタからの差し金で送り込まれた男を殺してしまう。刑務所に入り保釈となったセイラーはルーラと共にマリエッタからの追手からの逃避行を始める・・・・

恋の逃飛行劇であるのだが、ところどころリンチ節といった味付けがしてある。事故を起こして血まみれでバックを探しながら死んでしまう少女やウィレム・デフォー演じるボビーの最後のシーンなど強烈なインパクトのある場面である。

また、本作は悪い魔法使いや良い魔法使いなど「オズの魔法使い」へのオマージュが多用されている。

主演はニコラス・ケイジである。自分の私物である蛇皮のジャケットを決めた姿はいまに比べると数段格好良い。ヒロインは「ザ・ドライバー」のブルース・ダーンの娘でリンチ映画の常連ローラ・ダーン。なんと執拗に2人を追いかける母親マリエッタはローラ・ダーンの実の母親のダイアン・ラッドが演じている。
また、「ツインピークス」の美女シェリリン・フェンも交通事故にあった少女役でさりげなく出ていたり、ローラ・パーマーことシェリル・リーが良い魔女役で出演するなど、本作の前に作られた「ツイン・ピークス」のメンバーも起用されている。
「ブルーベルベット」に続くイザベラ・ロッセリーニ(イングリット・バーグマンの娘)が登場しているが当時リンチ監督と交際していたそうだ。

本作の映画のチラシは最初なかなか手に入らず、いろいろと探しまくって入手した。
0



2009/5/14  23:01

投稿者:クロケット

>ユキままさん
嫌いな映画ではないですよー。デビッド・リンチが監督をするとラブ・ストーリーもエキセントリックな映画になりますね。

2009/5/14  0:16

投稿者:ユキまま

私、これ、好きな作品です。
どうやら「オズの魔法使い」を下敷きに
しているらしいんですが意味不明ですよね。
ただ、はじまり方とかメッチャ好みです。
リンチ監督はホントわかりづらいの多い
ですが、これは面白かったです。

クロケットさん的には好みじゃなかった?

http://blog.auone.jp/yuki200711020/

2009/5/8  8:41

投稿者:クロケット

>盆踊りさん
星は2つですが悪い評価ではないですよー。
私の評価は星2つがまあまあな部類です。
この作品はクセがあるので好みがわかれそうです。

2009/5/6  22:26

投稿者:盆踊り

これVHS買ったので早く観たいですが・・
評価:★★☆☆☆ですか〜
後回し?

http://blog.goo.ne.jp/bonkun_33

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ