微笑み介護日記

=私達家族の介護生活記録です=
・難病と脳内出血を繰り返し要介護3 嚥下障害となった母。
・事故で高次脳機能障害となり要介護5になった義母
・3度の脳内出血を繰り返し、最終要介護5の父
3人を介護しながらも、明るく過ごしてきた私の日記です(^−^)

 
ようこそ ウルルの のほほ〜んブログへ(^−^)

過去ログ

カレンダー

2019年
← August →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

☆*☆*☆

人気ブログランキングへ
応援のクリックよろしくお願いします
にほんブログ村 介護ブログへ

QRコード

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ウルル
パンドラさん@
こんばんはぁ(^^)ありがとうございます。
はい、じぃは取りあえず今は特別悪いところは無いそうで安心しました。
あとはぁ 暖かくなるのが待ち遠しいですね

サブリンさん@
こんばんはぁ 私は大丈夫ですよ!
なんでこんなに動いてるのに?痩せないんだろう?
なぁんて あはは(*^▽^*) その分食べているからですね(汗)
でも、
はい、身体には十分気を付けます! ありがとうです。
投稿者:サブリン
今晩は!
久し振りに訪ねて見て「驚きの、安心の、関心の、心配」に・・・・・。

ウルルさん自身の身体は、どうなってしまうのか?何分割してるの?
お互い、若くないのですから
頑張り過ぎないで下さいね!

とにかく、御主人も、お父様も、大事なくって、何よりでした。



http://blog.goo.ne.jp/4585-1960/
投稿者:パンドラ
こんにちは♪お久しぶりです。
お父様、検査入院お疲れ様でした。
一応異常なしとのこと、ひとまずは安堵されましたね。
高齢者は若い人のようには事が進みませんので、心配りが大事かと思います。
ウルルさんはばっちりなさるので、お父様も安心していらっしゃることでしょう。
どうぞお大事に、良いお時間が持てますように。
ウルルさんもお忙しいでしょうけれど、ご自身もいたわりつつ、お父様も気にかけて、、下さい。(たいへんだよね。)

http://20071001mi.blog122.fc2.com/
投稿者:ウルル
hiroさん@
はい、ありがとうございます。
そうなんですよねぇ 介護度1だと、なにかと制限が多くて なんの為の自立支援なのか?と疑問に思うことが多々あります。
ケアマネさんも 今月をもって退職して新しい方になるし、不安も一杯ですが、
じぃの為に 精一杯アプローチはしなきゃと思っています(^^)
投稿者:hiro
ウルルさんお久しぶりです。
要介護1だとレンタルベッドは対象にはなりませんが、医師の指示書を頂ければ、介護保険内の金額でレンタルできます。地域によって違うのかもしれませんが。ケアマネさんにご相談して下さいね。以前、母がそうしてお借りしていました。要介護2からは、確実にレンタルできますが。
お父様のためにベッドが借りられますように。お大事になさって下さいね。
投稿者:ウルル
ネロさん@
初めまして(^−^)ようこそです。

そうなんですよねぇ
高齢になると、検査で悪いところが解っても、その後治療するかどうかは?体力次第って事になります。

でも、自分の身体のことを理解していることは良いことだと思うし 必要な事ですよね。
ネロさんのお父様も入院でお疲れになったでしょうね
これから手術なのですか?
心配も多いでしょうが 無事に終わることを祈っています。

うちのじぃも、今後の様子見ひとつですが、出来るだけ長く自分の楽しい時間をなくさずに居て欲しいです。

またいつでも読み逃げに来てくださいね(^^)v
ありがとうです。
投稿者:ネロ
初めまして。
私は実父(脳梗塞後遺症&人工透析中)の介護をしています。
介護前からブログはずっと読ませていただいていましたが、
いつも読み逃げしていました、ゴメンなさい。

ここのところ、ウルルさんのご家族の皆さん、大変なことになっていましたね。
お見舞い申し上げます。

お父様、特に悪いところもなく退院されるそうで、良かったですね。
私の父も、先月下旬から1ヶ月間入院して、つい先日ようやく退院しました。

元々10日間の入院と聞いていたのに、
手術前の検査で思いがけず体に不安要素が次々見つかりました。
で、1つ検査を受けると更に精密検査が必要になり・・・。
検査ばかり続いて、検査入院かと思うくらいでした。

造影剤を使う検査も2回有り、同意書を提出しましたが、ウルルさんとは逆に、
「万一の事もあるので同意書を頂きますが、
そういうことが起こる確率はとても低いですから」
と言われました。

なので、怖いとか不安を感じることも無く検査して貰えましたが、
本当に説明の仕方ひとつで、患者や家族の心の持ちようは全く違うものになりますね。
病院側が予防線を張りたくなる気持ちも分かりますが、
やっぱり患者やその家族に寄り添って欲しいですよね。

検査をどこまでやるかも、本人や家族の意見を
どのくらい聞いて貰えるかで左右されると思われませんか。
父の病院では、治療についてはかなり意見を聞いてくれますが、
検査をするかどうかは、病院側で判断をする、という感じでした。

父の場合、今回見つかった不安要素については、
高齢なのと治療でかえって体力が落ちる事が懸念され、様子を見ることにしました。
でも、かなり詳しく検査して貰ったおかげで、
父の体の事をしっかり把握できて良かったと思います。

お父様の用具レンタル、上手く運ぶと良いですね。
旦那様やお姉様も早く快復されますように。

長々と失礼いたしました。
またおじゃまさせてください。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ