*

=私達家族の介護生活記録です=
・難病と脳内出血を繰り返し要介護3 嚥下障害となった母。
・事故で高次脳機能障害要介護5になった義母
・3度の脳内出血を繰返し、最終要介護5の父
3人を介護しながら過ごしてきた私の日記です
過去の記録から順にお読み下さると嬉しいです。

 
微笑み介護日記
こちらのタイトルをクリック↑で過去から順にお読みいただけます(^−^)

過去ログ

カレンダー

2020年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

☆*☆*☆

人気ブログランキングへ
応援のクリックよろしくお願いします
にほんブログ村 介護ブログへ

QRコード

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ウルル
かめこさん@
そんな 並外れただなんて そんなに深くないよ〜(汗)
ごく皆さんと同じです(^^)
もちろん私にも至らないことや 気の付かないこともあるし
そのせいで 誰かを傷つけてしまうこともある
それに、私も結構好き嫌いあるよぉ〜(^m^)
好きだわ!って思う人には 自然と何かしたくなってくるし
線外の人には まぁ それなりに(笑)
嘘も方便 を上手くつかってます ハハハ

努力 っていうより その時その時をただ私なりに乗り越えてきただけだよ
でも、 ありがとうね♪ 嬉しいです
投稿者:かめこ
ウルルさんの並外れた懐の深さ、周りのみんなを思いやってくださるお心の原点を、改めて知った思いです。
それにしても、いつも大変な努力されてたよね。

http://turukameko.blog44.fc2.com/
投稿者:ウルル
ゼリーさん@
え?全然恥ずかしくないよ〜
ゼリーさんの感じてきた事が ゼリーさんの生きてきた道なのだからね

私ってね なんていうか、こういう育てられ方したから、甘え下手になったのは事実なのよね
頼ることが苦手っていうか
姉や弟は軽く 親に甘えていた。
親も 渋い顔しながらもホイホイ言うこと聞いてたし
それがなんか気にくわなかったりぃ
自分熱があっても、親に甘えられないから黙っていたり
結婚してからも 絶対弱音を親には吐かなかった
維持があったのもあるけどね(^^;)
それが良いことなのか 悪いことなのかは解らないけど

でも、今思えば 厳しさが私の今の強さに成ってると思うの
多少の貧乏も 旦那のリストラも ガハハと笑えるほどね
これってやっぱ親に感謝 なんだろうねぇ(笑)

じぃを見る目っていうか、優しいとかじゃないと思う
なんていうのかなぁ 可愛く感じてしまったのね
昔とのギャップもさることなら、あまりにも背中が小さくなって

苦労もしてきてるし、
その苦労を私も味わうことで じぃの大変さが解り 自分たちを育ててきてくれてありがとう。って気持ちになった

あのね、私が嫁ぎ先を追い出されたとき、舅は私が泣いて謝って帰ってくると鷹をくくっていたのよ
でも、それこそ私はその時 鼻でフフン♪と笑っていたの
やったね!!って
だって、苦労なんて十分してきてたから、恐い物無しだったわ(笑)これが私に培ってきた強みなのね。
逆に 旦那は長男のぼんぼんで 何も知らない世間知らずだったからぁ 私は苦労したよぉ(笑)
まさか付いてくると思わなかったからねぇ
それに、言っちゃなんだけど、あの頃の義両親に比べたら 実両親なんて可愛いのなんの

ん〜 結果今の私は 色んな経験や環境の移り変わりでミックスされて出来上がったのかも
荒波や急流で ほどよく丸く削られてきたのかなぁ ハハハ

井の中の蛙じゃ駄目ってことだよね
だから娘らにも もっと世間の事に目を向けて、色んな事を経験していってほしいと思うよ
まだまだ 甘えん坊の世間知らずだわ

それに、ゼリーさんは今のゼリーさんで 私大好きだからね!
投稿者:ゼリー
うわー!恥ずかしいなぁ!自分が。
私なんて、皆さんにコメントいただきながらもうそう思って、恥ずかしかったけど、
私なんて、未だに人のせいにしてるのよー。
誰のせいにもしていないつもりだったけど、
こうやって、自分の事書いたり、ウルルさんのお話読ませていただいたりしたら、
どんなに自分が、今の辛さを人のせいにしてるのか、ハッキリわかったわ。
やだぁ!きゃ〜〜!

でもこの記事のお父様が、じぃだなんて
うまく頭でリンクできない!!
ウルルさんはそれだけ優しい目でじぃを見ているんだなー。

http://blog.goo.ne.jp/zerry35/
投稿者:ウルル
パンドラさん@
誠心誠意って言うより
なんていうかなぁ そうしたい自分?
やろうとしてするのじゃなく、何かしてあげたくなる?
「ほんとにも〜 仕方ないなぁ」と思いつつ 「めんどくさいなぁ」と思いつつ 放っておけない?
親のことが 可愛く感じるようになってしまったっていうか

普通 言葉として 親が我が子を誠心誠意育てます。なんて言わないよね?
だって、育てることは親の義務ではあるけど、しようと思ってするのではなく
自然体だから。大好きだから 
当たり前な事で言うまでもない事だから

周りがもし、介護してる姿を 偉いねぇと言ったとしても
え?偉くないよ?当たり前なことでしょ?って

ただね、そうじゃない気持ちがあるのが
やっぱ義母に対してだと思う。
口では 介護は当たり前ですから、と言いつつ
心の中では 色々色々ぐちゃぐちゃな自分なんだよね
同じ介護でも、その違いは大きい。
親に対して 我が子に対して 旦那に対して
義親に対して
それぞれみんな気持ちの持ち方って違ってくるよね
旦那や我が子に対してだったら、息をしているだけでもありがたく 感謝しながら介護出来るかも
でも、出来ればそんな思いもしなくて済むように
私は家族の中で一番先に風になりたいとおもっているのですぅ エヘヘ(〃^▽^〃)ゞ
投稿者:ウルル
momiji1021さん@
ん〜  確かに育った環境って大事だと思うけど
同じ環境で 同じ育てられ方だとしても
その人個人の持つ持って生まれた性格でかなり考え方は変わってくるよね
私の場合 この性格?(^^;)
脳天気で お気楽主義で ギャーギャー言っても次の日はけろっとしたり(笑)
まぁ 事と場合にもよるけど

その当時は大嫌いだったかもしれない じぃのこと。
でも、頑固の中の愛情も感じることが出来たから

私自身 長女には凄く厳しく育てたかも
次女はぁ〜〜 甘やかしてしまったかなぁ
その時の生活環境もあるのだけどね
だけど、ブーブー言いながらも 娘達に嫌われてはいないと・・・思う。おもいたいぃい ハハハ(汗)
投稿者:パンドラ
ウルルさん、読ませて頂きました。
ウルルさんが、辛くても微笑を絶やさず、看病されたこと、これからもお父様を誠心誠意看ていかれるだろうこと、それができるのは何故かということの一端が良くわかります。

素敵な家族ですね(こんな言葉でしか表現できずごめんね)
ご両親様の愛情をよくわかっていらっしゃるから、きちんとお返しできているのだと思います。
少しづつ「エッセイ」で読ませて頂いていることですが、あらためてありがとうございます。
これからも応援しています。

http://shelly12.hp.infoseek.co.jp/
投稿者:momiji1021
そうなのね。
だからウルルさんには愛情がいっぱいなんだわ。
それに強さもある。
子供の頃のこと、私はゼリーさんのところで少し書いたのでここでは書きません。
概ね、ウルルさんと似ていますよ。
子供の頃の体験は全て血となり肉となる。
そして性質や考え方も生活環境に影響は受けるけれど、これは大人になってからの本人の自覚によるものだと私は思っています。
よく、「私は○○で育てられたからこんな性格になった・・・」と言う方がおられますが、私は違うと思います。
○○な育てられ方をしても、ネガティブでいくか、ポジティブになるかの方向が分かれます。
いろんな要素が加わるので、大人になった人間の性質全てが親のせいではありません。
大きく影響を受けることは確かです。
私が言いたいことは、ウルルさんは厳しい中にも愛情をいっぱい受けて育ち、そしてそのことをしっかり自分の中で消化して大人になられた・・・・
まっすぐ生きてこられたんだなと思いました。

http://blog.goo.ne.jp/momiji1021/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ