微笑み介護日記

=私達家族の介護生活記録です=
・難病と脳内出血を繰り返し要介護3 嚥下障害となった母。
・事故で高次脳機能障害となり要介護5になった義母
・3度の脳内出血を繰り返し、最終要介護5の父
3人を介護しながらも、明るく過ごしてきた私の日記です(^−^)

 
ようこそ ウルルの のほほ〜んブログへ(^−^)

過去ログ

カレンダー

2019年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

☆*☆*☆

人気ブログランキングへ
応援のクリックよろしくお願いします
にほんブログ村 介護ブログへ

QRコード

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ウルル
パンドラさん@
初めまして(^^) でも、私もパンドラさんの事は以前から知っていましたよ。
サイトの方へもお邪魔してました。読み逃げですみません(汗)
確かにタイトルは 微笑み…ですが、私も笑顔でばかり居られない時も多々あります。ていうか、逃げ腰になったり(^^;)
同じですよ。

リンク。喜んでお願いします。私もリンクさせて頂きますね
投稿者:パンドラ
ウルルさん、初めてお邪魔致します。
自分の両親ふたりを同時介護しています、パンドラと申します。
以前からウルルさんのことは存じていまして、たまにお邪魔したことがありました。
タイトルの「微笑み介護」と言うのが、目指すところでもあるのに、余裕のない私にはとてつもなく遠い存在で、尊敬と憧れで遠くからそっと拝見していました。
私は、母が特養に入所して、何とか落ち着いてくれそうなので、ずいぶん心身共に楽になりました。
これまでは、介護のブログを書いていらっしゃる方のところへも落ち着いてお邪魔する余裕すらありませんでした。
これからは、少しづつでも過去日記から読ませて頂いて、温かいお気持を移して頂きに参りたいと思っています。
どうぞよろしくお願い致します。
リンクさせて頂いてもよろしいでしょうか。

http://shelly12.hp.infoseek.co.jp/
投稿者:ウルル
かめこさん@
ね、ね、見たくなりますよね?
きっと、絶対 バスタオルが必要なくらい泣くと思いますが・・・(汗)
普段は口にも出さないけど、 たまには感謝の気持ちを表したいなぁなんて思います(笑)
投稿者:ウルル
ベンジャミンさん@
そのお気持ち 凄く解ります。
夢でもいいから・・・出てきて欲しい。
私の弟夫婦は娘を亡くしていますが 同じような心境です。
私はある意味、最初夢にばぁが出てきたときは 涙しか出ませんでした。辛い顔でばかり出てきたことも・・・
でも、最近ようやく たまぁ〜〜にですが笑顔のばぁが出てきてくれます

私もこの映画見に来たいですぅ ここらは今月末までしか上映してないらしくて
焦っています(^^;)
投稿者:ウルル
サトコさん@
ようこそ いらっしゃいませ♪ありがとうございます!

私がここのブログを始めたのは 実はそんなに昔からじゃないんです。
2006年5月から本格的に始めました。
私もサトコさんと同じように ばぁが亡くなってからしばらくは何も手に付かなくて、
思い出すのも辛くて、ただ記録だけは物していました。
で、いつかちゃんと書いて残していこう。と始めたのが 此処のブログなんです。
本当は もっと書きたいことがあったようなきがするのですが、思わぬ展開になってしまって(^^;)また二人介護再開!って感じで
ハッキリいって、実母だったから無我夢中でした。
今は・・・ある意味訳あり介護?
そこら辺のご理解を頂くにはサトコさんのブログ同様 最初からのいきさつを知って頂かなきゃ駄目かもです(汗)
お時間があれば、こちらを
http://ururu.moo.jp/sf3_diary/sf3_diary/
覗いてみてくださいね(^^)
投稿者:かめこ
「最期の川」聴かせてくれてありがとう。

以前私のところでも、子供達に感謝だね、というようなことを言ってくださいましたね。
本当にそうだなぁ、と思います。
周りの一人一人に感謝していきたいです。

「像の背中」観たくなりました。

http://turukameko.blog44.fc2.com/
投稿者:ベンジャミン
こんばんは
先日は「旅立つ日」を有難うございました。
『死』はまだ遠い先、であって欲しいと願っています。

私の夢にもたまに夫が登場します。
病気になってからであったり、現役で仕事をしていた時だったり・・・
どんなに悲しい夢でもいいから出てきて欲しいです。

3年前の11月に夫が最後の入院をしました。
2月に亡くなるまで毎日病院通いをした冬が思い出されます。

「最期の川」は映画『象の背中』のエンディングで流れて涙ボロボロでした。

http://plaza.rakuten.co.jp/17221803/
投稿者:サトコ
ウルルさんこちらにお邪魔させていただきました。
長い間ブログを続けてらしたんですね(それも介護で・・・!)
2006年4月から読もうと思って数記事(5〜6)読んだんですが・・・
もうなんというか・・・こんなに愛情一杯の介護記録が読めるなんて
尊敬を通り越して、動揺(悪い意味じゃないですよ)しています。
私ね、ずーっと介護を憎んで、老人を憎んで(完全に逆恨み)
介護のお仕事してる人たちさえも憎んできたの・・・
ひどいでしょう、今も完全に昇華されてはいないのよ。
いずれ実の親も介護しなくちゃいけないのはわかるけど、
こんな風に、自然に愛情持って一生懸命になれるなんて
信じられなくて・・・小さな衝撃を受けています。
少ししか読んでないのに・・・全部読んじゃったら私どうなるだろう(苦笑)
でも、恐る恐るでも、読んでみたいです。。。
へんなコメントでごめんなさいね。でもこれが正直なキモチ。
少しずつですが、過去記事も読んでいきますね、よろしくね。

http://satokobrokenheart.blog122.fc2.com/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ