2010/2/12

漆のかんざし  蜻蛉玉

 平成20年に現代の名工に選ばれた、漆職人の齋藤國男さんにかんざしの枝に漆を塗っていただきました。
 やっぱり漆の輝きは重みがあります。それに手触りが滑らかでやさしい
 クリックすると元のサイズで表示します
 私のずうずうしいお願いを、快く引き受けてくださった齋藤さんに感謝です
 漆のおかげでとんぼ玉も引き立ちます。



 今日のとんぼ玉  今のところ割れていません
 
 クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します
2



2010/2/17  16:39

投稿者:coco

ヤングさん、こんにちは^^。
コメント、11日の日記の方にはいっていました^^。
とんぼ玉、利用してくださってるようで、うれしいです^^。
ご主人の使い方、ちょっと気になります。
ガラスの種類によっては鉛ガラスが混じっているかもしれませんので気をつけてくださいね^^。

http://moon,ap.teacup.com/cocokt/

2010/2/16  16:18

投稿者:ヤング

あらら〜コメント入ってなかったですね。
cocoさんにいただいたトンボ玉で作ったマドラー大好評のコメントだったのですが・・・
かんざしと似ていたので・・・・
私はトンボ玉を上で混ぜて欲しかったのに、主人はトンボ玉を焼酎に突っ込んでガラガラ混ぜています。
「違う!」といっても「この方がよく混ざる」といって聞きません(笑い)
コメント重複していたらゴメンナサイ

2010/2/15  22:00

投稿者:coco

rekkoさん、こんばんは^^。
ん?白いつぶつぶ?これは銀箔です。
気泡は大きいのが見えるでしょ^^。

銀箔をクリアガラスに練りこんで入れたんです。って言っても???ですよね^^。
今度秋田に来た時見せますね^^。

http://moon,ap.teacup.com/cocokt/

2010/2/15  21:54

投稿者:coco

き〜くさん、こんばんは^^。
この頃、神に見放された気分を味わっています(^^;)
そろそろ電気炉を用意しなきゃいけないのかなぁ・・・



http://moon,ap.teacup.com/cocokt/

2010/2/15  20:37

投稿者:rekko

漆塗りのかんざし、とても素敵ですね〜
今度是非見せてくださいね。

真ん中のトンボ玉白いつぶつぶは気泡ですか??
面白ですね。

2010/2/15  10:24

投稿者:き〜く☆

おはようございます
私は、同じ種類のガラスだけしか使ってませんが
やっぱり、割れるときは、割れます
最後の炙り?が足りないかと、十分やったつもりでも
割れたことがあります
やっぱり、難しいですね
「おおっ!」とする手触り、体験したいですぅ
何時か、機会があったら、触らせてくださいね
でも、すぐ “お嫁さんに”いっちゃうのかな?

2010/2/15  7:32

投稿者:coco

shi-baさん、おはようございます^^。
そうなのよねぇ・・・
夜はPCなかなか遅い動きになるのよねぇ。
せっかくだから、削除しないでおきます^^。

現代の名工、齋藤さんと出会えたことは本当に嬉しいです^^。

http://moon,ap.teacup.com/cocokt/

2010/2/15  7:26

投稿者:coco

き〜くさん、おはようございます^^。
割れる原因はガラスの種類を間違えただけではなさそうです。
またまた、割れる玉が・・・・・
ご愁傷さま続きです(^^;)

漆、見た目より、触った時に「おおっ!」って思いますよ^^。

http://moon,ap.teacup.com/cocokt/

2010/2/14  23:52

投稿者:shi-ba

ごめん!
コメント投稿してからなかなか出てこなくて
も一回投稿したら・・・
こんなになってしまいました。
この文章で3回目の投稿になってしまいます。

2010/2/14  23:47

投稿者:shi-ba

すばらしい方と出会えて良かったですね。
本物はやはり良いです。

cocoさんは今までも「ここぞ」と言った時に
すばらしい出会いがあったような気がします。

ブログを通じて友達になった方達もそうですよね。
いつも素敵なコメントを楽しみに拝見しております。

これからも素敵な出会いがたくさんありますように!

ちなみに私も簪が出来るようなヘアースタイルでないのが残念です。





コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ