Dynamism 2022の見どころ  Dynamism 2022

「ダイナミズム2022」のスコア書きやリハでとても充実した日々を送っています。

それぞれの環境やお考えがあるのはもちろんですが、今の私にとって創作しながらもがいて、リスクを回避しながら転がって前に進んでいくことが自分らしさを保っていると思っています。

昔からそうですが、創作している時はその動機も着眼点もネガティブな感情から湧き出るものは何もなくて、厳しい状況が続くこの2年もそこだけは天性かなと自画自賛しています。

確かに昨年春頃までは「何とかしなきゃ!」という思いで助成金の申請やその精算に追われながら創作していました。残念ですが、良い結果は出せませんでした。

でも、皆さんにご支援いただいたクラウドファンディングで制作したアルバム”Soloist”から心のあり方にズドンと肝が据わり、最もリスクを回避したパフォーマンス形態であるソロツアーを全国展開できたことが何よりも素晴らしい免疫力アップでした。

各地でご協力して下さった方々、ご来場いただいた方々が注いでくださったエナジーがすべてでした。
本当にありがとうございました。

そして、3月。
ソロツアーで彷徨いながらハマりにハマった森の世界に皆さんとダイブしようと思います。

まずは、3組の太鼓トリオ。
何がすごいって太鼓奏者全員が大太鼓ソロをやります。スピードとパワーはもちろんですが、よくありの打ち合いではなく、「森の情景を描いてね?」というテーマを基にリズム、音色、タッチ、構成などそれぞれの個性が際立っていて見応え十分。

本当に面白いです。違うんですよ、音が!

他にも健太君のミニ太鼓セットお披露目。利一君の多才ぶり。これは雅幸君でしょ?という選曲。そして、30年振りの竜太郎さん。どのトリオも自信をもってお送りする世界最高峰の音。お楽しみに!

土日はそろそろ定員になりそうですので、ご予約はお早めに。

「ダイナミズム2022」オフィシャルサイト
https://leoeto.com/dynamism2022/

クリックすると元のサイズで表示します



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません





AutoPage最新お知らせ