祝・動物的本能  カテゴリーなし

5月2日に南青山マンダラで人生初のソロライブを行いました。

クリックすると元のサイズで表示します

この状況下でライブができたこと。それだけで十分だったわけですが、時間が経過していくほど、表現したいことが発揮できなかった自分をもどかしく思います。

ご来場いただいたお客さんの集中力を感じていただけに、今までやったことないことにもっと挑戦したかったと思いました。

でも、あの日を迎えるまでのプロセスでは踏み込めなかったと思いますし、これも初めての経験として記憶しておこうと思います。

そして今、景色が変わりました。

クリックすると元のサイズで表示します

もちろん、先行きは厳しいままですが、アイデアが自然と湧き出てきて、健全な肉体と精神が戻ってきています。本当にありがたいことです。

不要不急という言葉に始まり、力を発揮できない自分は無力感に襲われそうになりましたし、集中力も欠き、前向きな姿勢で振舞うことすら偽善的で、とにかく、身体の循環だけは良くしておこうと過ごしてきました。

そして、私にとって一番怖いのは、仕事がないことよりも何もイメージが湧いてこないことだと自分を理解しました。

創作意欲が湧くように自分をだますというか、仕掛けるように日常を過ごしていました。

例えば、料理。

元々、好きだったこともありますが、その日の創作頭は料理だけにしか使わなくても、そのことでかなり集中できたし、活力を生んでいました。

ほんの少しずつ挑戦欲やイメージが湧いてきて、ライブをやろうということになり、何たら宣言が出されたことでさらに圧力が掛かるかもしれない中、ライブができなくなることもイメージしてその日を迎えました。

「積極的な妥協」と自分では呼んでいるのですが、これは海外ツアーで何かが起きても、感情的にならず対応できるように自分で身に付けた対処方法です。

iPhoneがあればどこででも仕事ができると豪語していたあるIT系の方も、実はものすごく精力的に人と会い、動いていました。

リモートはこれからも必須ですが、人間が持つ動物的本能を失わないためにも、打楽器の力を身をもって表現し、発信していきたいと思います。

クリックすると元のサイズで表示します

とにもかくにも無事に公演ができたことで、それは儲け。

制作的に赤でも、それだけで存在価値が決まる人間ではないので、今は創作意欲を取り戻せた自分に「良かったじゃん!」です。

お祝いのお花。ありがとうございます。

クリックすると元のサイズで表示します



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません





AutoPage最新お知らせ