失われていく音  22世紀に残る音

私が大切にしている音の表現に「タッチ」があります。

音色や強弱だけでは言い表せない音の要素。心地良いなあと思うリズムには、うねるようなグルーヴとこのタッチがあります。食事に例えると食感(texture)みたいなもの。

料理のテクニックと素材に対する愛情によって生まれる食感は、太鼓の演奏においても重要な音の成分として存在していると思います。

先日、オランダへ飛んだ際、音の在り方についていろいろと思うことがありました。

1980年代に交流があったサークル・パーカッションというグループとその生徒さんとでワークショップを行い、ジャパン・フェスティバルに出演し、彼らのレパートリーにもなっている私の「族」を共演しました。

まあ、彼らの稽古場環境の素晴らしいこと!

クリックすると元のサイズで表示します

そして、’90年代頃に揃えたと思われる太鼓群。その木目の美しさや叩きこんだ皮から当時の太鼓の素材の素晴らしさを見て、懐かしさを覚えました。

「ああ、いい太鼓だなあ。」

もちろん、私の太鼓もそうです。’90年代までに作った太鼓は皮もボディも素晴らしくメインテナンスの必要がないくらいです。くり抜いたボディに狂いが生じないし(太鼓は製品となってからも動く=変容します)、皮の張替えもしていません。

とは言え、オランダの太鼓は日本と環境が違いますし、所有している彼らはメインテナンスをしたくても輸送費が掛かるし、簡単ではないと話していました。

それだけでなく、彼らは私がかつぎ桶太鼓や他の太鼓の演奏を発展させていったその背景と哲学を知りたいと常々聞いてきました。

太鼓がポピュラーになり、大量生産されることで材料がなくなっていくことは仕方がないことだと思います。

でも、私が昨今の太鼓シーンでとても胸を痛めることは、そのメインテナンスと太鼓との向き合い方なのかな。

例えば、かつぎ桶太鼓の馬皮。

牛皮と比べてとてもデリケートなため、力任せに叩いたら汚い音どころか、簡単に破れてしまいます。それを知らずにドカドカやるものだから、「こんな皮はうちのグループでは使えない!」とか言って、太鼓屋さんにクレームを出す奴らがいるそうです。

正直、何もわかっていないのです。

単なる手段としてマッチョな二の腕で太鼓をぶっ叩くうちに、貴重な素材がどんどんなくなっていくわけです。

マッチョなエダムチーズ
クリックすると元のサイズで表示します

柔らかなタッチの豊かな音が失われていく。

このところ、日本において伝統とかレガシー(文化的遺産)と声高に言われていますが、とても違和感があって、本質とずれているなと感じることがあります。

要は経済を回すことが根本なんだと思います。それについては、全く否定しません。私も常に、非常に、切実にお金に困っています。

でも、それ以上に「失いたくない音」がある限り、少々経済効率が悪くても表現し続けていきたいと思っています。

燃やせ、消費カロリー!
クリックすると元のサイズで表示します

オランダから帰って、自分が表現していきたい音楽の立ち位置を自問自答しています。

そういう意味で、11月のライブ「Leo Dynamism−森のダイナミズム」は、一つのターニングポイントになると思っています。

己に対して書き記しておきます。

「54の国を旅してきて、それがどうしたん!?そんな体験は一度チャラにして、改めて大きな視野を持って進め!」

これから続くライブやワークショップに向けて、ベストを尽くしていきたいと思います。
クリックすると元のサイズで表示します



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません





AutoPage最新お知らせ