S. S. D. プロセス-6 抜群の吸収力  Silently She Dances

公演まであと5日となりました(8/6&8/7)。

一番集中したいところですが、8月後半に海外へ行かないとならなくなり、その準備や対応に追われ、秋の海外フェスの調整にも追われ、睡眠時間が削られています。

かなり、ギラついています。

そんな中、伊勢参りに行ってきました。もちろん、仕事絡みです。

帰りは、通り道である四日市で太鼓アンサンブルの稽古。

写真左が愛知の三浦太鼓店の至宝、史帆さん(笑)右は的場凛さん。

クリックすると元のサイズで表示します

三浦史帆さんには何度か演奏を依頼していて、国立劇場や東アフリカツアーを共にしています。

いいグルーヴをもっています。

彼女がいることで、私の公演では初めて(私が叩かないで)太鼓アンサンブルに時間を預けているシーンがあります。

そこでぶっ叩きます、彼女。イケてます。

そして、公演1か月前に投入することになったダンス・アンサンブル。

長谷部萌絵さん(右)と菅原理子さん(左)

クリックすると元のサイズで表示します

22〜23歳ゆえに振り覚えが早い、早い。

先日、前田新奈さんの振付に対して私が注文を付けて、覚えたばかりの振りをばらした時のこと。

「折角、覚えたのに〜」なんて感覚よりも次の新しい振りが入っていく感じ。

その切り替えの早さには感心しました。

そして、抜群の吸収力。

新奈さんのイメージを短期間で具現化するという役目を十分に果たしてくれています。

もちろん、それだけで舞台が通用するものではありません。

でも、良い意味で今どきの子は全く驚きだぜ。

さあ、本番まであと5日!

制作面で会館の方のご協力もあり、タイムテーブル、舞台図面、お弁当の手配、車両の確認などなども済みました。

今一度、構成を確認して今日は休みましょ。

おやすみなさい。

今週末開催!「Silently She Dances‐静かなるダンス」

http://leoeto.com/news/

伊勢神宮に入ってすぐのところに流れる川。昔は、ここでお清めをしてお参りしたそうです(遠くにキジがいます)。

クリックすると元のサイズで表示します



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません





AutoPage最新お知らせ