NYのパワー  カテゴリーなし

毎朝7時にはホテルを出て朝食。それから3時間は歩く。昨日はミッドタウンを、そして、今日はセントラルパークを歩いた。とにかく、日差しが強く夏日。でも、乾燥しているのでビル風に舞うほこりはイヤだけれど、一歩セントラルパークに入ると森林浴。本当に気持ちが良い。よくもまあ、こんな公園を作ったものだ。代々木公園×どんだけ!?の広さ。街の喧騒を遠くに寝転がると、これでもか!というほどの碧い空に緑濃い木々のエッジがクッキリと描かれ、遠くに旅客機が飛んでいる。
「なにやってんだろう、俺は・・・。」
NYに来る前から、セントラルパークに来たらずぅえったいこういう気持ちになるなと思っていた。「9.11!?それがどうした。」圧倒的な経済力と活力を感じる街の喧騒と、時空を超えたこの公園が醸し出す生命力に自分の立ち位置を考えないわけないと。
ブレンドラムス・ツアーをしていた時に感じたパワーとテンション。これ以上のロングランなんてあり得ないと思っていた。けれど、ここに来てみると全然ありなのかもしれないと思えた。まだまだの自分にな〜にやってんだろと・・・。

1963.3.5 レナード誕生のストリート(手前のビルがあのジョンレノンが撃たれたダコタアパート)クリックすると元のサイズで表示します



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません





AutoPage最新お知らせ