久しぶりのアメリカ  太鼓

先月、久しぶりにアメリカへ行ってきました。

アメリカ国籍でありながら、そのプライオリティを全く活かす気もなく、ヨーロッパやインドなどに足を運ぶことが多かった私。

理由はいろいろとあります。

でも、言わない(笑)

さて、今回の目的は、浅草・宮本卯之助商店のアメリカ法人kaDON(かどん)が展開する、ある映像コンテンツの収録とワークショップでした。

サンノゼ空港に到着後、直にワークショップの会場となるサンフランシスコ太鼓道場へ向かい、17個もの桶太鼓を一人で締め上げました。

クリックすると元のサイズで表示します

いきなりですよ、いきなり!

しかも、ほとんどが新しい太鼓なのでロープが硬くて痛い。

そんなこんなで始まったワークショップでしたが、開始早々、近所で水道管が破裂して一時中断。

いきなりですよ、いきなり!

クリックすると元のサイズで表示します

私に対するアメリカの歓迎ぶりが早くも最高潮に(笑)

ところで、海外ではレクチャー&デモを何度も経験している私ですが、ワークショップは初めてなのでした。

やはり、日本人ほど器用ではないし、大柄な人が多いので、身体全体を使って桶太鼓と一体感を持ちましょう!と言っても難しいかなと思っていました。

ところが、今回のワークショップを通じて、変わったなあと思いました。

とても皆さん素直。

バチを持つ腕の重さを「叩くエナジー」として感じながら、そのバチを皮に当てる。

桶太鼓は馬皮なのでそれで十分に音が出るわけですが、すんなりと受け止めてくれて、太鼓への理解=優しさが深まってきたのかなと。

クリックすると元のサイズで表示します

そして、もう一つの映像コンテンツに関しては、おそらく年内には発表があると思うので、それまでお楽しみなのですが、サンフランシスコという場所が場所だけにカメラクルーも元アップルのエンジニアであったり、シリコンバレーに勤めていたり。

センスもユーモアもあり、楽しい収録となりました。

そして、宮本のスタッフ(右からShojiくん、宮本社長、あやさん)とワイナリーへ!

こうでなくちゃ(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

Take me higher!(アンサンブルクラス。なにしてんねんて?)

クリックすると元のサイズで表示します

大変お世話になったサンフランシスコ太鼓道場の田中先生。

ありがとうございました!

クリックすると元のサイズで表示します



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません





AutoPage最新お知らせ