またしてもインドから  アジア

今年は2年ぶりにゆっくりと日本でお正月と思いきや、師走にインドからフェスティバルの話が舞い込んできて一転!

ビザが半端なく面倒なインド。昨年に続き、どうなるのか見えないまま年を越しました。

そして、出発直前まで続いた主催者との100通を超えるメールのやり取り。

今回は太鼓アンサンブルでしたが、持って行く太鼓も2日前になんとか決定して梱包。

インドとSkypeした時に「現場はジャングルだよ。蚊が多いかもしれないが、スペシャルスモークを用意しておくよ。」

おいおい、蚊も怖いがどんなスモークやねん!?

さすが、日本の薬局は時期外れでも虫よけスプレーが置いてあって、すかさず大量購入(奴らに効くのだろうか!?)

そんなこんなでしたが、日本を飛び立ってしまえば、もうそこはいつもの旅する自分。

バンコク経由で、

クリックすると元のサイズで表示します

およそ、16時間かけて現場到着。

クリックすると元のサイズで表示します

特設ステージの後ろには紀元5〜8世紀に栄えたLaxman Temple(ラックスマン・テンプル)。

クリックすると元のサイズで表示します

聞いたところによると、この遺跡が見つかった時は確かに辺りはジャングルだったそうですが、今は観光地化していてダライラマ氏もいらしたそうです。

インド大陸で今年も最初の一打!シルプール・フェスティバル開幕!

クリックすると元のサイズで表示します

あんさんぶる。私の秘境の旅専門の上杉美穂とインド3回目の峰岸哲。

クリックすると元のサイズで表示します

1列目は二人掛けのゴージャスなソファー。2列目は一人用の大きなソファー。3列目はクッションのある椅子。4列目以降がいわゆる客席。露骨な階級分けですが、およそ2000人!

クリックすると元のサイズで表示します

以上の写真3点:Chhattisgarh Tourism

今回は帰国直後に1年半ぶりとなる日本でのライブを控えていたため、経由したムンバイでも街には出ずにホテルで過ごしていました。

けれど、移動中に見る人々の営みや超大規模な工事に今のアジアを感じることができました。

彼らは自由。ゆるぎないものがある(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

旅の前後に世界ではテロ事件が起き、これからは日本も含め、厳しい時代になっていく様相を呈してきていますが、インドで受けたマンパワーとそこから発する独特の熱に勇気をもらったような気がします。

ひとつ判断を間違えると、とても危険な目に合う国ではありますが、これからの世界のカギを握っている国の一つであると実感しました。

昨年開港したモダンなムンバイの国際空港。

クリックすると元のサイズで表示します

帰りの飛行機で「アジア大陸・島・森・熱」といったキーワードとそれをイメージした音が湧いてきたので、混沌とした頭のままでライブを企画しています。2月頭にはお知らせする勢い!

そして、2月中旬には19年ぶりにあの島へ向かいます!



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません





AutoPage最新お知らせ