ヨーロッパの光と影  カテゴリーなし

マルセイユ国立バレエ団とミュンヘンでパフォーマンスして帰国したのが2週間前。

文化交流使の活動を終えて、すでに2か月!

ようやく、いろいろと取り組み始めましたが、いまだに鮮烈に浮かんでくるのはヨーロッパで感じた「光と影」。

どこまでも青い空。燦々と降り注ぐ太陽。

クリックすると元のサイズで表示します

その光が力強く華やかであればあるほど、影が濃くなります。

クリックすると元のサイズで表示します

クッキリとした影。それは、ステージにも如実に現れます。ヨーロッパのアーティストの作品は特にね。

写真はマルセイユで行われた公演のリハの模様。

クリックすると元のサイズで表示します
Photo: Akiko Kodama

抽象的であれ、哲学的であれ、人間や社会のダークな側面をいろいろな視点から掘り下げていく。

自己中心的な解釈で痛かったり、訳わからん作品もありますが、そういった解釈や表現行為を受け入れる土壌があるのだと思います。

ところで、ヨーロッパではダンサーと創作する時もスタッフと仕事する時もすごく感覚的。

プランも紙1枚。ざっとイメージを伝えるだけで、作業に入っていくことが多かったと思います。

でも、創作の要となる人(私)のイメージの質が非常に大切で、それをメンバーがつかめてくると、そもそも強い意志を持っている人たちですから(笑)グイグイと事が進んで行きます。

もちろん、日本でもそういう傾向はありましたが、スタッフにはできる限り「紙資料」を用意して作業の効率化に努めてきました。

アメリカや日本では生産性や効率が優先されてしまうので、創るというよりも「こなす」という状態になってしまっていたように思います。

ヨーロッパはアフリカや中東と近いということもあり、日常からしていろいろな民族がそのまんま行き来しています。

ダンスカンパニーのメンバー構成もバラバラ。言葉も入り乱れています。

いろいろな視点があることを痛感させられますが、同時に自分もいろいろな視点にさらされます。

ストレスも溜まります。でも、その多様性によって自分が磨かれていく?鍛えられていく?ような気がしました。

東京にいてもストレスは溜まりますが、磨かれている感じはしない。

でも、日本にはヨーロッパのような長い冬と短い夏とは違う、美しい四季があります。

日本人は、その自然から多様性を感じ取っていたんだろうと思うのです・・・昔は。

「光と影」から脱線してしまったように見えますが、自分の中では繋がっています(笑)

多様性を人から学ぶヨーロッパと自然から学ぶ日本。

その辺りをもう少し詰めろ!と自分に言い聞かせる今日この頃。

悶々。

さて、来週はスタジオに入るぞ!って、この先は海(笑)

クリックすると元のサイズで表示します



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません





AutoPage最新お知らせ