海外の旅も11ヶ月目 文化交流誌 #45  文化交流使

昨年8月に始まった旅も、1日から2週間の滞在を繰り返し&繰り返し11カ月が過ぎました。

が、まだまだ交流の旅は続きます!

さて、ヨーロッパもまさかの冷え込みもあったりしますが、初夏の日差しが照りつけるベストシーズンに入りました。

そして、5月末から6月はこれまで以上に幅広く激しい旅でした。

今やホームとなっているミラノ(イタリア)を基点に
〜ベローナ(ミラノ近郊)
〜パルマ(ミラノ近郊)
〜タオルミーナ(シチリア)
〜ケルン(ドイツ)
〜マルセイユ(フランス)
〜レーゲンスブルグ(ドイツ)
〜ミラノ
〜ブタペスト(ハンガリー)
〜ベルリン(ドイツ)
〜再び、レーゲンスブルグからのミラノ
〜再び、レーゲンスブルグ。そして、ミラノ(汗)

直接、舞台や創作につながることはなくても(いや、最終的にはつながるな)、ものを作る人に出会えた旅でもありました。

あまりに濃いので2〜3回に分けてご報告します。

まず、ミラノから日帰りで行けるベローナは文化交流使としての活動ではありませんでしたが、文化都市と言えるこの街を訪れてみたかったのです。

だって、旧市街に入るとこれですもん。

クリックすると元のサイズで表示します

右手に見えるのが古代ローマ劇場のアレーナ。

中に入ってみるとオペラのシーズンが始まる直前ということでステージの仕込み中。

クリックすると元のサイズで表示します

歌い手さんたちも下見に来ていましたが、なんと突然、歌いだしたのです!

声量はもちろんですが、これだけ大きな野外会場でも生声できちんと聴こえちゃうんですね。

本番はマイクを使うのでしょうが、こういう劇場を作った古代の人たちの感性は素晴らしい!

ベローナからミラノに戻り、ここはここでドゥオーモ前広場でラジオ局主催のコンサートが開かれていました。

もんのすごい人・人・人!!!夏に向かってどこも盛り上がること、盛り上がること。

クリックすると元のサイズで表示します

そして、2月の閑散期に訪れたシチリアのタオルミーナも観光客で溢れていました。

ここのテアトロ・グレコもオペラの下仕込みが進んでいて、開幕へまっしぐら!

クリックすると元のサイズで表示します

落ち着く〜〜〜。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

うまい〜〜〜。ツナのタルタル!

クリックすると元のサイズで表示します

やすらぐ〜〜〜。2月に来た時にはエトナ山はぷりぷり怒っていましたね。

クリックすると元のサイズで表示します

そして、サンダルをカスタムメイド。舞台用には贅沢かな・・・。

クリックすると元のサイズで表示します

短期集中でしたが、イタリアの初夏の日差しをたっぷり浴びて、ものを作る人のこだわりに「そうだよなあ」(これについては後日)

ここからはラテンからゲルマンの世界。

いざ、ケルンへ!

つづく



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません





AutoPage最新お知らせ