重度の習慣性 文化交流誌 #42  文化交流使

アムステルダム旧教会での演奏で心が浄化され、ミラノ経由でレーゲンスブルグに入りました。

街の象徴である教会と満月のシンフォニー。

クリックすると元のサイズで表示します

それまでと打って変わって、街は日本と同じくらい静かで安全。

このタイミングでここですか・・・ふぅ。

アパートメントの近くの小高い丘にも教会があり、脱力の眺め。

クリックすると元のサイズで表示します

ベンチに座ってぼーっとしていると、断りもなくすりすりしてきたネコ(笑)

「で、君は誰!?どこの子!?」

クリックすると元のサイズで表示します

な〜んてゆったりとした時が流れ、ああ、充電。

さて、ここではシアターレーゲンスブルグ・ダンスとの創作。

まずは、3週間以上滞在するので徹底して自炊体制を敷く。

ぐんぐんと体調が回復してきて身体のむくみや妙なほてりもなく、いつもの感じに戻ってきた。

1年間も続く旅の中でいかに食生活が大切か。

欲に任せて飲み食いしていたわけではないけれど、旅の日常のコントロールは本当に難しい。

そして、自炊となればゴミ出し(笑)はい、ドイツはきちんとしていますよ(笑)

時間があるので創作もユルユルな進み具合。淡々と過ごして3週間が過ぎた頃。

沸々とこみ上げてくるものが。あは、刺激が・・・刺激が欲しくなってきました(笑)

私、定住できな〜〜〜〜〜い!

やっぱし、かなりの習慣性旅症候群だわ。そして、絶妙なタイミングでイタリアでライブ!

しかも、ナポリ。はい、マフィアとの癒着でごみ問題がどうにもならない街。

振り幅、激しいわあ(笑)

十字架を背負うネコ・・・なんてね。単なる標識の影です。

クリックすると元のサイズで表示します



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません





AutoPage最新お知らせ