女子力全開。私全壊。文化交流誌 #38  文化交流使

ミラノ到着後、直ぐにミーティング。

昨年12月、”blendDRUMStheater” の第1回目の公演に続き、今回もスザンナ・ベルトラーミ(Susanna Beltrami)さん率いるカンパニーとの作品作り。しかも、4公演!

ミラノのエージェントから2回目の公演にあたり、事前にスザンナさんから提案がありました。

「50人のダンサーを用意できるけど」

「!!!」

群舞との創作は、文化交流使の活動中に作品化できなくてもやりたかったこと。

実際にやるとなると経費や時間の制約、場所の問題などなど大変になるのは目に見えているし、試すことができたら!なんて思っていました。

そこに先方からのご提案だったので即OK!

でも、同時に「えらいことになるな」と。しかも、前回はパーカッショニストを従えましたが、今回はピン!(汗)

カンパニーにはプロで活動しているダンサー以外に、普段仕事をしながらカンパニーと関わっている子たちもいます。

なので、力量や経験は未知数。しかも、ほとんど女子。想像するまでもない。

に〜ぎ〜や〜かああああ!

クリックすると元のサイズで表示します

元気〜〜〜っ!

クリックすると元のサイズで表示します

群舞を想定した音のイメージはすでに頭の在庫に用意してあったので・・・即実践!

スザンナさんが私に「太鼓がイタリア女子の潜在的本能を呼び覚ましているようね。」

こわっ!

クリックすると元のサイズで表示します

けれど、ダンサーには「今のような動きではただのCrazyな女よ!太鼓の音を感じなさい。そして、この貴重な機会を・・・」と若いダンサーに彼女の人生観も交えながら、踊ることの意味を伝えていく。

クリックすると元のサイズで表示します

作品を作るということだけでなく、若い子たちからすれば、ひとつの教育的な意味合いを持つ現場。

これこそ私が望んでいた本当の文化交流で、単に紹介したり、コラボするだけではない相互理解・相互体験が実践される日々でした。

けれど、2月頃から緩やかに体調が下降傾向だった私はここに来て疲労がピークに来ていました。

潜在的な旅の疲れに加え、2月から3月の数字と向き合わないとならなかった日々。

この後も素晴らしい現場が目白押しというのに、比例してやらねばならないことが増えていく。

身体が訳もなく火照ったり、食欲はあるのに口にしたら嘔吐。そして、下痢。

一旦、日本に帰ろうかとも思いましたが、現実的に無理でしたし、幸い太鼓を叩く現場だけは集中力を保てていたので、こういう時こそ私の持論を展開。

「積極的に妥協」

これについてはかなり深い話になるので改めて書きますね。

そして、何よりも和食の差し入れがすごい元気の素になったし、改めておにぎりとお味噌汁の威力はすごいなと。

作品としては、和太鼓の持つ原始的な存在がダンサーたちの表現や息遣いとうまく融合したのではないかと思っています。

もちろん、初めての群舞でしたし、もっと練りこまないといけない部分もありました。

でも、諸条件を考えたら、これ以上を望むのは今の段階では贅沢なことだったかもしれないし、私自身の作品作りにおけるイメージやノウハウも深めないとならないと思います。

いずれにせよ、これからの作品作りに素晴らしい経験をさせていただいたなと思います。

一座!(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

で、普通はこれで一息!となりますわ・・・ね。

クリックすると元のサイズで表示します

が、しかし、私は翌日フランスの深夜生放送のテレビ番組に出演するためにパリへ向かうのでした。

マルセイユからローマ。ミラノからのパリ。待ってろ!パリ!

クリックすると元のサイズで表示します



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません





AutoPage最新お知らせ