良いお年を!文化交流誌 #29  文化交流使

‘97年だったかな。東アフリカへ始めて行った時、「サファリで象が見たい!」という思いと揺れる車窓からの景色が”NO ELEPHANT”という曲になりました。

先のミラノではこの曲で3人のダンサーが踊りましたが、めちゃ格好良かったです。

サファリを走れど走れど、どこにも象はいないじゃん!という実に簡単なモチーフ(笑)

そして、ここインドでは・・・普通にいます(笑)探さなくてもいます。

インドでは神ですから。

意外だったのが、ラクダ。素敵な脚運びで観光客を乗せて闊歩していました。

象に乗る前にラクダに乗ろう!それも衣装を着て、太鼓も!

クリックすると元のサイズで表示します

それぞれ乗ってみて、とても感じたことがあります。

リズムが違う。

そりゃあ、当たり前なんですが、体感することは大事ですね。

ラクダは馬よりも穏やかなグルーヴを感じ(笑)、象は海に浮かんでいるような大きなうねり。

ほんとにおっき〜〜〜い!(幸)

短い時間でしたが、たまりませんでした。曲ができそう(笑)

体調をなかなか元に戻せないもどかしい日々が続いていましたが、あの感覚が安らぎを与えてくれたように思います。

みなさんも機会がありましたら是非!(って、いつだよって話だわね・笑)

ということで、忘年会もクリスマスも大晦日の空気すら全く感じることのないインドのウダイプールからご挨拶。

今年1年も大変お世話になりました。

みなさんも良い年をお迎えください。

クリックすると元のサイズで表示します

レナード



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません





AutoPage最新お知らせ