Blendrums tour 回想録−1  カテゴリーなし

流石に今回のツアーでは、ダイアリーなんぞを書くためにPCに向かう事は出来ないくらいパワー全快ライブ&終わってバタンキュ〜だった。後片付けもほぼ済んだ今、束の領収書を掻き分けながら押し寄せる請求書を、こちらも請求書で応酬するという作業をしながらツアー報告をしてみたいと思う。

◇4/20 duo初日 w/真矢、スティーヴエトウ
セッティングを終えて、買い物をしに外へ出ると早川氏の奥様から携帯に電話が入る。「交通事故で今、救急車で運ばれました。」命に別状はなく、頭も手も打っていないということだったが大丈夫だろうかという心配とともに「さて、明日はどうする」というかなり冷静な意識が働いた。渋谷の雑踏に長く身を置くのはヤバそうだなと思い、さっさと買い物を済ませてduoに戻る。duoに戻って、スタッフと弁当の手配を話していたところに、大黒摩季さんより大きなお花とお弁当がドド〜ンと届く。そのタイミングとご配慮に「さ・す・が」という言葉しか浮かばなかった。事態が事態だっただけにスゴイ勇気をいただいた。ありがとうございます!
そして、ライブ・・・。
真矢氏のイメージで作った、"MIDNIGHT THEATER"でこのツアーを始めたかっただけに良いテンションでスタートを切れたし、真矢氏も応えてくれたように思う。この日は、スティーヴの誕生日ということもあり、かなりスティーヴを放置して自由にプレイしてもらった。マイクを使わないライブということで、スティーヴはソロで自ら照明を消してプレイするなど、人のライブをアングラ芝居仕立てにしてくれて・・・まったく。
打楽器3枚だけ、かつアナログという究極のライブも、衛藤兄弟からすれば「・・・で!?」みたいな感じで大勢に影響ないっす。ブレンドラムス・ツアー初日終了!



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません





AutoPage最新お知らせ