本当の挑戦はこれから  ご報告・ごあいさつ

29日、父である衛藤公雄の葬儀が無事に終わりました。

通夜では献奏を、出棺の際は、兄スティーヴとともに太鼓で賑やかに送り出しました。

母の元へ旅立った父ですが、斎場では初めて見る写真があり、先のブログと合わせてご覧いただけたらと思います。

アメリカへ向けて横浜港を出港(1953年)
クリックすると元のサイズで表示します

この写真には参りました!指揮者ストコフスキー氏と武道館で共演(1965年)
クリックすると元のサイズで表示します

国立劇場にてバイオリンの江藤俊哉氏と共演(1968年)右の少年はどうやら私のようだ。日本人で初めてカーネギーホールでリサイタルを開いたのが江藤氏。父は2人目だそうで1961年に開催。
クリックすると元のサイズで表示します

私も50を超える国々で演奏活動をしてきていますが、比べることではないとはいえ、この時代性とスケール感にはちょっとかないません。

来年4月からパフォーマンスだけでなく、ビジネス・スタイルも一新する思いでしたので、父の旅立ちは本当に新しい1ページが開いたのだなと実感しています。

今まで通り、力まずに自分らしくパフォーマンスをしていきたいと思いますが、本当の挑戦はこれから。

厳しい世の中ではありますが、少しでも希望が湧くような音を作っていきたいと思います。

年末のお忙しい中、葬儀にご参列いただきました皆様。

多くの方々からお香典と弔電をいただきました。

本当にありがとうございました。

今年もあと1日。皆様、どうぞ良い年をお迎えください。



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません





AutoPage最新お知らせ