音楽ビジネスってなんだ-2  音楽ビジネスって何だ!?

武道館が青春だった昭和生まれにとって、音楽は聴くというより、浴びに行くモノだった。

それもデカイ音(笑)

時代がアナログからデジタルに移行することによって、音楽だけでなく、食生活においても手っ取り早く達成感を得られるような仕組みが出来上がっていく。

ひと口目でガツン!と味覚を捉えないといけない外食チェーン店やコンビニ弁当のように、音楽もガツン!と分かりやすく〜みたいな。

初めての音がデジタルである子たちにとって、音楽に感情を委ねる時間すら効率化が進み、仕舞いには実体験がないまま、YouTubeなどで「あ、それ聞いたことあるよ」で消化されていく習慣がついてしまったのではないかと。

アーティストはそこんところに凄く抵抗がある。

とは言え、私も含め発信するアーティスト側の足腰の弱さも顕著で(痛っ)、それについては自分の体験をさらけ出しつつ、書いてみたいと思う(つづく)



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません





AutoPage最新お知らせ