太鼓ケース  2010 香港

以前、香港からの帰りの輸送で太鼓ケースが損壊したという報告をしたけれど、輸送業者の取り計らいですべて補償されることになった。

詳細は書けないが、こちらに落ち度は全くなかったので、輸送会社の誠意ある対応に感謝。

損壊そのものよりも気持ちの方が辛かったので、ホッとしている。

今後、どういうケースのあり様(=旅の形態)がベターなのか。

改めて考える機会にもなった。

さて、これから忘年会(関係ないじゃん!)



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません





AutoPage最新お知らせ