ふふふの日  カテゴリーなし

昨日は、スティーヴ独演会を観に久しぶり横浜へ。ところが、会場の手前で人垣&通行止め。横浜国際駅伝だったそうで、ちょうど目の前を渋井選手が疾走していく。おお〜、速い!力強い!何とも言えない緊張感。でも、もしかして全員通過するまで横断できないの!?と思ったけれど、人の良さそうな警官に相談して無事に横断。

で、スティーヴのライブ。
ボールに入っている水でチャプチャプ音を出している姿は40年前と変わらず(笑)意外にも社会派パフォーマンスになっていたけれど、途中にテロップで流れた「建設の響き」。実は、父が20歳の時に発表した筝曲と同じタイトル。あのお客さんの中でひとり受けておりました。しっかし、自主制作映像の腕上がったな〜。おつかれさま。



2009/2/23  22:52

投稿者:ミヤ

わたしも行きました!楽しかったっす!
演奏映像に浮かされ、空間に酔い、ビールにも酔い、オマケにレオさんにも酔い(笑)結果帰りはフワフワで目的地とは反対方向に向かう電車に乗る始末( ̄▽ ̄)
「建設の響き」そんな素敵なお話が!!そりゃスティーヴさんも男前にドラム缶に向かうわけですね(≧▽≦)

レオさん、何かひらめいちゃったりしましたか?( ̄ー ̄)

2009/2/23  14:18

投稿者:メグ

>ボールに入っている水でチャプチャプ音を出している姿は40年前と変わらず(笑)

気持ち良さそうな音ですね、癒しだ。。。
スティーヴさんの楽しそうな感想が、
何とも言えず、うーん、行きたかった。。。
駅伝選手の合間を通過できて良かったですね。
父子・兄弟の創作が「共通言語」のように
共有できるって素敵、と想いました。イイナ

「にゃんにゃんにゃんの日」
だっただけに、戯れておりました。
1人、仕事の帰り道に野良猫と...orz
サビシイ

コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません





AutoPage最新お知らせ