2007/2/23

思い出してしまった事件  今日の一言

今日初めて店長がある女性のお客さんにお願いをしにいったのをみました、はい、やんわりお帰りいただきました… 誰の為って他のお客さん達のため

自分の子供が椅子を引きずってがらがらがらがら… 飽きたら走ってみたり 冷蔵庫開けて保管してるチーズ引っ張りだしてみたり 「お姉さんにこれ頂戴(*^ー^)ノ」って言ったら投げ捨てた 「申し訳ありません、足元失礼致します」「あ、これ?」
おーい…(Θ_Θ) 封は開いてませんが商品なんですYO!
あっちいったりこっちいったりする息子を(5さい位かなぁ)店内響き渡る声で「なにやってんの!」「いい加減にしなさい!」 いやいや、分かるわけ無かろう…しかも叱っているという感じでは決してないんですね 店内異様な雰囲気 あぁ、有線のボリューム上げときたい所です フロア私含め年上三人組、ほかに迷惑かけるわけにいかないのでまるで幼稚園の先生状態です

お母さん(若い方ではありません)優雅に?旅行パンフレット眺めてます

初めわんぱくボウズめ!位で私たちも収まっていましたが、いずれ矛先はお母さんへ(-"-;) …いい加減にしてくれ、というか一体どういう神経してるんだ?

とうとう他のお客さんから苦情が来たので店長やむ終えず//// きっとほかでもこうなんだなぁ… 初め私もイラっと来てましたがそのうち情けないというか切ないというか可哀想になりました 私が言えた立場じゃないのも分かってるんですが
「えぇえぇ、わかってますよー、お店混んできましたものねぇ、ごめんなさいねぇ〜今もう出ますからぁ!」 かなり、はずかしがったんだと思います そりゃぁ ね

あぁ、絶対にああはなりたくないっ

これって日記にしたらマズいもの?だったかも?
小さな子供と一緒の素敵なお母さんや仲良しの家族をいっぱい見ているだけに、何か可哀想だった
ご飯は気持ちよく美味しく食べるのが一番だよ
0



2007/2/25  19:18

投稿者:ちえ

KINOPIさん

うちのスタッフにも子供が苦手な人がいて、ご飯食べてるお客さんのなかにもきっと居たとしたら、その人にとってはいやな時間になっちゃう たしかに!お母さんにかまってほしい感じがちょっとしました 自分のこと一番見て欲しくて駄々こねちゃうというか 悪いことしたら絶対こっち向いてくれる!みたいな
ガレックさん
私が少女(!?)だったときも大人しく出来ない子だったんじゃないかなぁと思います 今もですが、行動が突発的すぎるというか(・・;) 赤ちゃんは泣くのが仕事、おちびちゃんはやんちゃする事が仕事、でもご飯の時は黙って食べてる子であったことを願います

2007/2/25  11:31

投稿者:ガレック

家にも小さな子供がいますが、
外食する時は躾の時、と思いますね。

両親から先に、まず躾けられないといけないのでしょうね。
子供は両親の鏡ですから。

2007/2/24  2:11

投稿者:kinopi

ほんとにねー。

あたしも売場で日常的に子供ほったらかしで夢中に自分の買い物してる母親(若いのもそうでないのも。)見てるけど、うんざりするよー。

そういう人の子供ってお母さんがかまってくれないから騒ぎ方も尋常じゃないのね。
子供も必死だもんね。

ディスプレイは壊されるし、商品を傷めることもしばしばです。

子供が嫌いなお客様もいるしね。

子供の気持ち考えたら、こんなつまらないところに長時間付き合わせたりはしないと思うんだけど。

仕切り直ししたりとかできるんじゃないかなあとか。

だって極論、あたしの扱ってるものって差し迫った需要はないと思うし(笑)。

2007/2/23  19:04

投稿者:ちえ

はすおさん

おんなじ女の人として、んーー・・・なんだか悲しくなるわけですね。今日も1歳の男の子と戯れてきましたが、あの男の子と大違い、、というか はあ、なんだかなぁ>>>

IKAさん

子連れだけで拒否されたりするんですか? 私達のところはあり得ないのでちょっと理解に苦しみます。忙しい時でもじーっとこっち見られてると手をふりたくなっちゃうんデスよね♪戦場の癒しです゚・*:.。. .。.:*・゜

2007/2/23  14:01

投稿者:IKA

こどもがいると、外食はすごく気を使います。だからこそ、気を使わない人をみると、悲しくなる・・・。そう人のせいで、子連れってだけで嫌な顔をされたり、そもそも入店を断られたり。
でも、人の振り見てなんとやらで、これからも気をつけよっと!

2007/2/23  10:04

投稿者:はすお

いや、同情無用だってば。
クソッタレはクソッタレです。うむ。
 

http://www.k3.dion.ne.jp/~has-woh/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ