2006/5/8

書いてることと違うけど  音楽

無性に音楽がききたくなってパソコン起動。。。
1日のアットマイで川手さんに言われた一言を思い出して書き込みです

「一音入魂なんだよね。その一つの音に愛情を込めなきゃ。」

そうだよねぇ・・・

「愛情込めてその音を出すとね、自然とその音の頭からお尻まで大切に扱うでしょう。歌詞が付いてたらその言葉の最後の最後まで大事に発音するでしょう(^^)」

そうなんだよねぇ。。。

一気に思い出して思わず書き込んでしまいました。長さが云々とか、子音がどうとか音程がどうとか言うのは結局のところその音をどんな風に思ってるか って考えたら自ずとどういう音として私の体内から出てくるか決まってくると思うんです。音に私の気持ちを乗せて。これ実は結構前に書いたことなんだけど、またもう1回日記にしてるってことは再確認しなきゃいけないなって自分で思ったからなんですよね。一回だとダメです 当然だけど自分に言い聞かせるように今眠い目を擦りながら書き込んでます。。。。☆★


次の書き込みは稚内での出来事。 テーマはリアリティです。

あ、稚内の居酒屋さんで出てくる海老!!! 生まれて初めて一匹の海老でお腹が膨れました・・・・♪ 超!大満足です 笑 で、、、、でかい!!! そして、焼き鳥にわさびつけて食べてみてください。これかなり美味しい♪

0



2006/5/9  14:04

投稿者:brigbriglip_chie

ジャズに限らず、そして音楽に限らずきっと全て起こっていることには意味があるんだと思います。今目の前で起こっている事に無意味なことってないのではないのかなって(^^)
そう考えるとすべての事がつながっていくのかなぁ。。。なんだか話の趣旨がずれてしまいました☆

2006/5/9  8:43

投稿者:そうちょ

全ての音が存在して初めて音楽ってできる
もんだもんね
音程にも作った人の意思がこめられてて
ひとつひとつの音に意味があると思う
そんなこと考えながら歌ってみると
楽しいのかもしれないね♪
またまた歌について深く考えさせられました

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ