2007/6/1

『功夫ジョン』ネタばれ覚書 顛末記  STAGE


ひとつ云える事は、



「その1」以外を読んでいる人が圧倒的に少ない
ということです。


でも、いいんです。
読んでいただくよりも自分の覚書として書いているのですから。


0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ