2007/3/20

親の心子知らずとは云いますが  PERSON


「ゲド戦記」を監督した宮崎吾朗氏とは対して年が変わらないのですが、
今日のスポニチでその父親である日本の、或いは世界の宮崎駿監督が
新作発表をするとともに
「こんなことになったのは吾朗が5歳の時、
仕事ばかりで付き合っていなかったからだ。
二度と吾朗みたいな子をつくらないために」
と、語ったそうですが、
この年になって、親からそんな言葉欲しくないです。

心の中だけで思っていて欲しいです。

0



2007/3/21  21:56

投稿者:あゆか

そんな宮崎監督が今度の「プロフェッショナル 仕事の流儀」で取り上げられます。

ジブリからは2人めですね。

2007/3/20  21:40

投稿者:久美

きっとそれは、還暦をとうに過ぎた今でも、少年の心を持ち続けようとした歪なのでしょう。
残酷な子供心と、頑固な年寄り根性が見事にコラボレーションしております。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ